FC2ブログ

HAPTIC MISSION ep5~7 (日本語字幕書き起こし)

d0045037_49aec2c78a06fs.jpg

私の手元にHAPTIC MISSON の日本語字幕付きのDVDがあり、YouTubeで見ているチングのために日本語字幕を書き起こしたことがありました。
PCを2台置いて、再生しながら字幕を拾って行く地道なアナログ作業。 
時間がかかって大変だったけれど、楽しい時間でもありました。

今回ep1~4はこちらへいらしてくださっているmomoさんの日本語字幕付き動画をお借りすることができました。
ありがとうございます。
日本語字幕付きは、幻…だったんです。
ですから、とてもうれしかったです。

ep5~7は英語字幕付きをアップしたので、その手助けになればと思い過去のファイルと記事から書き起こしを持ってきました。
(過去記事の動画はすでに削除されています)
長くなりますが、読んでいただければ、リダの活躍をより楽しんでいただけると思います。


■ HAPTIC MISSION Season2 Ep5

韓国の代表花男と花女がAnycallの最高の新入社員に挑戦する
脂汗の出る面接を突破してAnycallに入社
しかし 喜びも少しの間で 恐ろしいミッションが彼らを待っている

新入社員の一番目のミッション
Haptic Pop のカバーをデザインしろ
KB(キム・ボム):立体的に変えられないかな

二番目のミッション
販売王と最高のサービス社員になれ
KB&SD(ソン・ダムビ):いらっしゃいませ

今度はどんなミッションが与えられるだろうか

Anycall本社
(君の助けが必要だ)

(午前9:00 全体会議)
(早く出勤した新入社員たち)
KJ(キム・ジュン):ボムは?
リダ:遅いな
SD:そうね
リダ:この前遅刻した時 本当に嫌がる気配が見えたよ
KJ:叱られるだろう
(あっ ボムより先に来た課長)
全員:おはようございます
(ボムかと思ったのに)
課長:いつもミッションのことで会うことになりますね
   残念ながらボムさんは個人的な事情でこれ以上ミッションに参加できないのです
リダ&KJ&SD:(途中下車?)
リダ:ではもう来ないのですか?(面食らう)
課長:残念ですが 新しいメンバーが入る予定です

(Anycallスター新入社員の欠員の消息に)
(すぐさま走って来た五番目のメンバー)おはようございます
リダ:新しいメンバーは誰だろう
   女性なのでは?2対2に
KJ:そうかも 警戒の目つきだな
SD:ははは
(たしかに 女性ではないが)
(新しく呼吸をあわせるー)
(五番目のスター新入社員は?)
リダ:男だ
Anycallの五番目の新入社員
韓国を魅了した完璧な微笑の花男 イ・ミノ
LM(イ・ミノ):おはようございます  新入社員のイ・ミノです
リダ:おう ミノか(みんな嬉しくない表情)
KJ:何だ
LM:新入社員のイ・ミノです
KJ:一応座れ
LM:はじめまして
リダ:僕たちは知り合いです(なんで自慢を)
KJ:いつ入社したか?
リダ:コネがあるだろ?
LM: 違いますよ 僕も面接試験をうけて…
KJ:怪しいな(ずっと疑われるから)
LM:何をしてた?(話題を変えるミノ)
リダ:僕も知らない
LM:(え?)
  (1ヵ月間働いて何をするのか知らないとは)
リダ:とりあえず一杯やれ
LM:ありがとう
KJ:(両手で丁寧に)お酒なのか?
LM:入社の祝い酒か(入社の祝い“水”)
   主にどんなことをしたか?
KJ:いままでしたことは…
SD:サービス・センターに行って…(A/Sセンター体験)
リダ:スタークラフトのS12のような…(実際の業務を掴むこと)
KJ:代理店で携帯を売って(携帯の販売)
LM:直接売るのか?
KL:うん 携帯のデザインも作ってみた(Hapticカバーのデザイン) 
SD:続けて夜勤 会議して…
LM:(夜勤?…)
KJ:何も持って来なかったか?
(初めて適応できないミノ)
リダ:強化訓練を取るのか(怖い)
KJ:まだよくわからないんだな
(強化訓練を取るキム・ジュン)
LM:落書きばかりしてるだろ?
KJ:こうして何かが浮かぶのだ
(にわか造りの紙)
(午前の会議)
全員:おはようございます
(初対面のミノは緊張)
LM:はじめまして
課長:新しいメンバーのミノさんと挨拶したでしょう?
   2組に分かれてミッションを遂行したので またチームを組まないと
   ヒョンジュンさんとダムビさんが同じチーム
リダ:簡単だな
課長:ミノさんとジュンさんが
KJ:嬉しいだろ?
リダ:いいえ
課長:今日は携帯の重要な業務である広告の製作に対するミッションを与えます

(ナレーション)Hapticミッションの三番目
Anycallの新製品の広告を製作しろ
各チーム新製品の名を決めて
それに似合うポスターを製作するのだ

(ふたたび会議室)
課長:では製品について説明します
職員:ミノさんとジュンさんの携帯は
  女性の手にもすっぽりと入るコンパクト・サイズが特徴です
  ダムビさんとヒョンジュンさんの携帯は

(ナレーション)Anycallの非公開戦略フォン 気になるでしょう?
(まだ公開できないので 隠しました)
職員:いくつかのノウハウを教えます
   Hapticという名をつけたでしょう?
   Hapticは触覚という意味です
   携帯に新しい機能が入っている時 その技術を名にすることもあります

(CM映像)
携帯の形を強調したネーミング方法
(横の本能)
今のトレンドを反映したネーミング方法
(ミニスカート)
モデルのイメージを結合させたネーミング方法
(SLIM&J)

職員:良いアイディアをお願いします
リダ:はい
職員:期待します
   どんなミッションなのかわかりますか
リダ:僕たちは数回してみたが ミノは初めてだから…
KJ:心配するな(自分を気にしなさい)
   ミノはよくできるだろう うちのチームだ 気にするな
職員:勝者は(勝利チームの恵み)
   実際に画報に製作される予定です
リダ:わーお
SD:勝たないと 
KJ:ボーナスもありますか?
課長:考えてみます
リダ:週5日勤務で満足します

(ナレーション)新入社員の熾烈な対決が始まる

KJ:あるはずだ あるだろ?My Diary
リダ:すべての携帯にあるよ
KJ:違う 見てみろ
リダ:見せないで
KJ:見せてくれ(始めから鋭い神経戦)
リダ:頑張れ(アイテム保護のために退場)
LM:頑張って
リダ:はい yoyoyo
(義理の同期生)

LM:大きなことを言ったが何をどうすればいいのか
KJ:(悩む)何が撮れるかな(苦しい一ヶ月先輩のキム・ジュン)
LM:兄さんがこんな姿を見せてはダメだろう
  僕を導いてくれなければ
KJ:すまないが 人の選択を間違えたんだ
LM:(うん…)誰が1等か
KJ:ヒョンジュン…が1等だ(片言まじりで)
LM:ヒョンジュン兄と共にするべきだった

リダ:ミノは知らないでしょう?
SD:はい 知り合いですって?
リダ:僕は知ってるのに(また自慢)
SD:でもどうして急に…
(釈然としないミノの入社過程)
   私は徹夜して…(その間苦労したのが悔しいダムビ)
リダ:コネだと思う 先輩たちに言われました
   僕たちは水気のない雑巾でミノは濡れたタオルだと
SD:枯渇されました (アイディアが浮かばないのもミノのせいだと)
KJ:主たるお客は幼い…学生 女学生?
LM:女性のほうがいいと思う アックジョンには女性専用とよく書いてあるでしょう
KJ:自分の欲求を満たそうとするな
   学校へいこう
LM:どんな学校へ?
KJ:知り合いで先生がいる
LM:本当? 高校の先生?
KJ:うん 女子高だよ
LM:よかった(嬉しい)
KJ:ク・ジュンピョを連れて行くといえばすぐ来いと言うだろう
LM:(期待)
KJ:先生 こんにちは ジュンです
  実は…ク・ジュンピョは知っているでしょう?
  ク・ジュンピョ ミノ(いきなりク・ジュンピョを知っていますか?)
  ミノと一緒にいますが 学校を訪問してもいいでしょうか?
  調査することがありまして
LM:(緊張)
KJ:問題は起こしません 心配しないで
LM:ちょっとでいいと言って
KJ:詳しいことは学校に行って話します 今ジュンピョがサインをしたいと
  お願いします はい 学校に行って連絡します ありがとうございます

リダ:知り合いの中で無限大のアイディアを持っている人がいます
SD:本当に?
リダ:はい 先生です
SD:え? 先生なのにアイディアが無限大?
リダ:(携帯をかける)兄さん 撮影してますか?
SD:撮影?
リダ:撮影が終わってから会ってくれませんか?
   あの弟子も必要です
SD:私はヒョンジュンさんを信じますよ
リダ:僕を信じて
SD:本当に? 私たちもアイディアを考えなければ
リダ:冬は簡単で目立つのがいいと思います
SD:簡単なものか
リダ:New Haptic Pop ティクトクフォン
SD:面白いね
リダ:ダムビポンもいいでしょう  ダムビ(甘雨) 砂糖の水
SD:え?
(ナレーション)ヒョンジュンを信じてついていくダムビ

(嬉しい気持ちで女子高に着いたジュンとミノ)
彼らはよくできるだろうか
KJ:来たはいいが(いざ来てみるとお先真っ暗だ)


(ナレーション)韓国のデザインを導いていく学生が集まっているイェイル・デザイン学校
今日はアイディアを得るために ここに訪ねてきた
KJ:学校でではなく美術館みたい どこへいけばいいだろう
(まずは教員室に立ち寄った二人)
(女子高になぜ男が?)
KJ:あそこにいる こんにちは
先生:ジュンだな
(嬉しく迎えてくださるイム・スンクォン先生)
ひさしぶりですよね
女性教師:(まさかク・ジュンピョ?)
KJ:今Anycallに入社して働いています
  携帯の名前も付けて広告も撮影しなければいけません
  ここはデザイン学校だし 学生からアイディアを得ようと…
女性教師:その前にサインをお願いします
LM:(慌てる 恥ずかしい)
(待っていたのか押し寄せる先生たち)
(いつのまにか人垣)
(教員室がサイン会場に急変)
(大好き)
先生:もう行かなければ
KJ:はい
教師たち:だめです
KJ:ありがとうございます

(1年6組の学生たちに手伝ってもらう予定)
(緊張した二人)
KJ&LM:こんにちは
学生たち:きゃ~(私の前に花男がいる)
(女子高の花畑に二人の男)

SD:ここはどこ?
リダ:しばらくしてあの有名な兄貴たちを紹介します
(ヒョンジュンが訪ねて来た人は誰?)
リダ:ヨンマン兄さん
ヨンマン:おい どうしたんだ
リダ:こんにちは

(ナレーション)ヒョンジュンとダムビが訪ねて来たアイディアの助っ人は
‘ギャグ・コンサート’の‘達人’チーム
SD:こんにちは
(急ににっこり)拍手
SD:こんにちは
メンバー:ソン・ダムビの鞄だ
ヨンマン:おい おい 侘しく見えるだろう
SD:(‘達人’チームを見て噴出す)
メンバー:やめろ まず行って…(むずと)
(何が何だかわからないダムビ)
メンバー:ヒョンジュンさんと親しいですか
ヨンマン:とても親しい でも手は取れなかった
メンバー:男同士でなぜ手を
リダ:これが新しい携帯です(本格的に会議を始める)
(まだ公開できないので隠しました)
リダ:名をつけてほしいのです
ヨンマン:考えている名はあるか?
SD:私は英語の名を Twilightという映画を見ましたか
メンバー:早朝割引フォン 映画館のように
SD:オスカーはどう?
リダ:映画授賞式
ヨンマン:英語より青龍 青龍フォン 太宗フォン(映画受賞式の名)
SD:英語がいやなようですね
メンバー:英語は聞こえないから SS501も英語だし
リダ:501は韓国語ですが…
メンバー:(大笑い)あまりさえている目つきで‘501は韓国語です’
リダ:501は韓国語です(さえている目)
ヨンマン:最近の携帯の名は全部素敵だから いっそ田舎くさい名が独特でいいかも
     ケトンイ(犬の糞―昔よくつけた名前)
リダ:僕も兄さんと同じ考えです 
   韓国固有の感じを携帯に入れたいと思いました
   ‘達人’の‘達(ダル)’を入れて 月光(ダルビト)フォン
ヨンマン:アパートの名にも‘星の村’‘日光の村’がある
     そういう名はよく覚えらっれる
リダ:そうです
メンバー:韓国語の名はなかっただろ?(そういえば)

KJ:どうしてきたかわかりますか
生徒たち:Anycallの新入社員!
KJ:見てるんだな… センスがある 皆さんを信じて来ました
(計画もなく訪ねてきた花男)
  ミノも連れてきたし 是非手伝ってほしいのです 
LM:信じます まず どうですか  見かけが重要だから
生徒たち:白い 可愛い きれい シンプルです
KJ:書記はいますか?
書記:はい
生徒たち:いや~(学級委員でもない書記が)
KJ:今日手伝ってくれる書記です(花男の近くに)
(うらやましくてたまらない)拍手を
書記:(この瞬間だけは天下を取った気分)
KJ:今までの携帯を見ると形から付けられた名もあって
  機能から付けられた名もあります
LM:もしかして…先生? 僕は知らなかった 若く見えますね
生徒たち:きゃぁ~
KJ:超音波がでてる
生徒たち:(花男は譲れない)
(クラスの平和のために私的な対話は禁止)
LM:進行しましょう

リダ:達人でしょう? それで携帯の達人というか
  (短いコント)見せてもらえませんか
メンバー:16年間携帯だけを開発してきたピージャーのパク・ヨンマン先生を迎えます
     こんにちは
SD:(期待)
メンバー:16年間携帯だけを開発してきましたって?
ヨンマン:タッチフォンは5万7千台くらい開発しました
     これが最近作ったフォンです
     これで映画も撮影しています
メンバー:どんな映画を?
ヨンマン:赤壁大戦(中国映画)
メンバー:赤壁大戦を撮影しましたと?
ヨンマン:中国ロケだった エキストラ3万名 馬は1千匹
メンバー:エキストラ3万名 馬1千匹なのに携帯で撮影しましたと?
ヨンマン:はい
メンバー:映画を携帯で撮影できるわけないでしょう?
ヨンマン:携帯で映画を撮影してみましたか?
メンバー:いいえ
ヨンマン:では何も言わないで 途中で電話がかかったら大騒ぎになります
全員:大笑い
ヨンマン:1千匹の馬 3万名 そのまま動くな
     もしもし 撮影してるから 後で電話しろ
(さすが即席公演の達人)
SD:名付けの達人も見せてください
ヨンマン:(急変)多くの名前を付けてきました
     有名な人の名前もつけましたって?(期待)
     ウンサミ(ドラマのキャラクター)
     あの名前のおかげで‘田園日記’に長く出演したのだ
メンバー:今は誰でも知っている名前ですから
     先生の名前は誰に付けてもらったのですか?
     生まれた時 自分からつけたという話が…
     お母さんが瓶だけ(ビョンマン)を片付けてそうつけたと…
ヨンマン:(にらむ) リュダムさんはおかあさんが
SD:(気になる)
ヨンマン:痰(ダム)が絡んでリュダムだと
リダ:(爆笑)
SD:(私も‘ダム’ビだが)
ヨンマン:休んでて でも僕は面白い顔だろ? 僕を見てずっと笑う
     ダムビさんと努力すればぼくたちのようになれます
     (またぼうっとするダムビ)
     あんなに恥ずかしがるのに
メンバー:二人が親しいとはうらやましい
ヨンマン:この話をしてから脂汗がでた
SD:(笑いすぎて体力低下)
メンバー:顔を洗ってきて

KJ:思い出したのを話してみれば なにか出そうだが
生徒:可愛いフォン
LM:ギではなくグィ
(身についたインターネットの用語)
KJ:この子はハングルを知らない
(花男のそばにいてうらやましい)
生徒:トッポザブ
  (聞いたことも見たこともない)
生徒:ティンカーベル
生徒:うわぁ~
担任:エニラク(Any楽)
KJ:エニラク?
担任:‘楽しい’の‘楽’
KJ:先生の意見です
LM:では称して消しましょうか
生徒:はい
LM:そのほうがいいでしょう  僕は悪筆です  ずいぶん良くなりました
KJ:7つですね この広告に対して考えなければ

(ナレーション)自分勝手にCFを作れ
即席で選ばれた監督が 自分勝手に携帯に似合う演技をさせる

携帯CF 第1話
KJ:携帯をこっそり見ていて ミノは近寄って続けて絡み付くのだ
(ミノが絡みついたら)
(好きなのにイヤなふりを)
KJ:振り返ってビンタを…
生徒:(びっくり)
KJ:一番重要なんだ 一度に(あの兄さんがT.T)
生徒:ほんとうに?
生徒:(手で)振り払い
LM:(え?)
生徒:(悩む)
LM:本当に殴ろうか悩んでいる
KJ:いろいろの方法があります あなたに任せます
   さぁ キュ
   絡みつくのだ
生徒:(ぽかっと)
   (振り返らず殴ってしまった)
(お互いに謝る)
KJ:大丈夫です ミノはプロだから大丈夫です。
   キュ 
LM:あの
生徒:どうして
(激しくなった感情演技)
(びくっと)
KJ:ミノが怖がっている
(見かけより怖い10代の少女たち)

(ナレーション)携帯CF 第2話

KJ:最近のドラマを全部混ぜてもいいです
生徒:‘妻の誘惑’(ドラマ)
生徒:ユリはキョビンです
KJ:この学生が男になるのですか
  
生徒:KJはシン・エリの役 LMはク・ウンジェの役
KJ:今から僕はエリだ

LMと生徒の絡み
(うらやましくてたまらない)
KJ:監督の言う通りにして 抱けと言ったことないよ
生徒:抱かせて
LM:(帯を奪って見て)何の携帯か?
生徒:‘なんでもない’
(何かの気配を感じたウンジェ)
LM:なんで言えないのか 誰にもらった?
KJ:なんで言えないのか!!
   僕とカップルフォンを買ったとなんで言えないのか!
   僕はエリだ
(ドラマのように変なCF)
KJ:こっちに;来て
(でもロマンスは生きている)
(幸せ)
(みんな 驚愕)
KJ:3を数えるまでにこっちに来て
(いつのまにか忘れられた監督)
   ここに…
(二人の間に立っていたい女学生)
(うらやましい)
LM:悪い女だな そうだろ?悪い
KJ&LM:ありがとうございます

SD:何にしましょうか
リダ:月光やブラックホール(意見が違う二人)
   そんなに英語にしたいのですか
SD:英語がどうして?
リダ:ハングルに月光(ダルビト)
   DAL…  次は?  光はbitに… DALBIT

KJ:学生たちが反応してくれないかと思って…
LM:可愛かった  トッポザブフォンしか…
KJ:Tinkerbell  メールが来た

(ナレーション)
明日午前10時までにAnycall広告制作1チームの会議室に来て
本格的な広告制作を共にする皆さんのチームが待っています

リダ:明日の午前だから今から待つ必要は…

LM:実はちょっと怖い
KJ:何がおこるだろうか
LM:怖いだろ?
KJ:毎日そんな気持ちですごしている
  明日はどんな仕事を与えられるだろうか
  期待しろ
LM:期待したくない
  イヤだ

次回の予告…


d0045037_49aec2f2ae702s.jpg

■HAPTIC MISSION Season2 Ep6

先週新入社員たちに与えられた三番目のミッション
Anycallの新製品の広告を製作しろ
新しい新入社員のイ・ミノが合流した
LM:おはようございます。イ・ミノです

イ・ミノとキム・ジュン
ソン・ダムビとキム・ヒョンジュン
2組に分かれてミッションに挑戦する
奇抜なアイディアを得るために
キム・ヒョンジュンとソン・ダムビは‘達人’チームに
イ・ミノとキム・ジュンは女子高に行ってアイディアを得る
彼らは広告制作ミッションがよくできるだろうか

(ビルの風景)
(Hapticを撮れ)
(午前10:00Anycallの本社)

SD:どこへ行けばいいの?
リダ:製作1チーム

LN:どこへ行けばいいか
KJ:広告制作2チーム

自分のチームに訪ねて来た新入社員たち
先週集めたアイディアに基づいてタイトルを決め、
それに似合う広告コンセプトの会議をしてから
ポスターや画報撮影を進行することになる

(Anycallの新製品の広告を製作しろ)
キム・ヒョンジュンとソン・ダムビの携帯
Anycallの非公開戦略フォン
気になるでしょう?
イ・ミノとキム・ジュンの携帯
スリム・デザイン
フルタッチ・スクリーン
可愛くて数奇をこらしたDiary機能が特徴
スタッフ:呼びやすい名がいい
     イ・ミノという名を聞くと魅力的に感じられるでしょう
     キム・ジュンいう名を聞くと あ~覚えたいと思うでしょう
LM:The Queen 新製品のイメージが上製に感じられるでしょう
KJ:Lovely Lovely語感もいいしこの携帯は可愛くて小さいから
  愛らしいイメージがいいのではないかと

リダ:Black Hallは二番目です
   月光(ダルビット)渋みがあるでしょう?
   Black Hall は洗練された名ですが 外国人が出てDALBITと言えば…
   外国語だし Anycall DALBIT いいだろうと思います
スタッフ:月光(ダルビット)を英語に?
SD:Twiligthtもいいと思います 映画も面白かったし
スタッフ:あまり個人的な意見ですね
SD:Paletteもいいと思います
リダ:昔美術の時間にPaketteを使ってたから
   黒い色の…知っていますか?
スタッフ:(何を言うつもり?)
リダ:代表的なPaletteですが
スタッフ:ああ 中は白いもの
リダ:中に絵の具を入れておくように携帯を開くといろんな色があるのです
SD:(説明が)上手い
スタッフ:ダムビさんの名に新しい意見を加えたね
スタッフ:解釈が上手だな
スタッフ:ヒョンジュンさんはダムビさんの意見が自分よりいいと思いますか?
リダ:! もちろん良い意見ですが一つの携帯に三つの名を付けることは
できないでしょう
先輩が深く考えて なるべく私の意見を…(笑)

スタッフ:こういうのもいいでしょう Tinkerbell
LM:平凡であると思って…
KJ:なのに 持ってきたか 
LM:だから 言ってなかったんだ
スタッフ:熾烈だね
KJ:この携帯にはいろいろの機能がありますがDiary機能が独特だと聞きました 
  学生時代の秘密日記帳のようなものもいいでしょう
スタッフ:日記帳?
LM:あれもいいと思いますが
スタッフ:そう?
LM:良い感じです
スタッフ:そう
(ナレーション)イ・ミノとキム・ジュンを手伝って画報撮影を進行する
熱情いっぱいカリスマ・フォトグラファー チョ・ソニ
チョ・ソニ:私はこの方のほうが…
(花男に私心を抱く)
KJ:久しぶりですね(僕もいるのに)
チョ・ソニ:実物がもっといいね
LM:ありがとうございます
(冷えない花男の人気)
スタッフ:スキンシップのようなものが…
チョ・ソニ:スキンシップもいい
スタッフ:でしょう?
KJ:態度をがらりと変えるとは
LM:いいえ 一番いいのはこれですが
チョ・ソニ:スキンシップはこんなこと(私心を抱く作家)(ミノにタッチ)
LM:そうです(恥ずかしい)

スタッフ:モデルは誰にしようか
スタッフ:海外モデルはどう?
スタッフ:外貨は高いよ
スタッフ:でもAnycallだし
スタッフ:モデルはもういるだろう
リダ:僕たちは安いです
   僕たちではなく僕だけ安いです
全員:(笑)
スタッフ:私たちが考えたのは…
(あの時会議室を訪問した人)
全員:こんにちは
(ナレーション)キム・ヒョンジュンとソン・ダムビの頼もしい助っ人になってくれる…
率直 淡白 愉快なフォトグラファー カン・ヨンホ

ソン・ダムビのTwilightとキム・ヒョンジュンの月光(ダルビット)
何を選ぶか悩む広告制作1チーム
(各自の意見を作家に説明する)
SD:Twilightという映画もあるでしょう?
  画報のコンセプトはファームファタルに
カン・ヨンホ:説明が上手いね
リダ:一番重要なのは月光をDALBITに表現すること
(さすが4次元のヒョンジュンらしい説明)
カン・ヨンホ:Twilightはバンパイアの話でしょう?
リダ:DALBIT…(あきらめないヒョンジュン)
カン・ヨンホ:二人のバンパイアを表現したら?
   バンパイアには妙な魅力もあるし うら寂しくて誘惑する雰囲気…

LM:僕たちがモデルをしたら?
チョ・ソニ:新入社員であると同時に画報のモデルに?いいね。
   これ以上のモデルはないよ
全員:(拍手)
LM:男二人だから 三角関係もいいでしょう
チョ・ソニ:(女のモデルは)誰を?キム・ヨナ?
KJ:いいでしょう
LM:似合う
チョ・ソニ:連れて来れる?
LM:二人でやろう
(彼女は想像だけで)

(ナレーション)多様なアイディアの中でミノとジュンが選択したメイン・コンセプトは
‘彼女のHaptic’



スタッフ:一人の女性と二人の男がいるとしたら
LM:思い出を浮かべるような…
チョ・ソニ:二人は昔ルームメイトで同じ女性を愛したとか
LM:そうです いいですね
KJ:同意する
チョ・ソニ:画報に携帯の写真が入るのでしょう
   あのストーリーでどういう風に携帯を見せるか考えないと
LM:主人公は携帯でしょう?
スタッフ:そう
チョ・ソニ:広告をよく知ってるね
LM:メーキャップをちょっと…
チョ・ソニ:モデルは主人公…
(一度褒めたら…)
スタッフ:メーキャップをしなければって
チョ・ソニ:平凡な広告ではなく映画のように撮影してみれば?
LM:!
チョ・ソニ:何か浮かんだのか
LM:まだ何も言ってないけど
チョ・ソニ:考えを言ってみて
LM:フィルム
チョ・ソニ:フィルム
LM:フィルム・カメラで…
チョ・ソニ:(本当に)あなた
KJ:お前の畑ではないよ
チョ・ソニ:それは私が決めます
LM:いいえ 首にフィルムカメラが掛かっていたら思い出を浮かべる雰囲気が…
チョ・ソニ:そんなカメラを準備するには時間がたりない
スタッフ:時間がないわ
チョ・ソニ:締め切りの日は?
スタッフ:三日後
チョ・ソニ:徹夜しないと
スタッフ:もう疲れてる ジュンの目を見て
KJ:大丈夫です(目を剥く)

(ナレーション)室内会議は終わった
今日からは足で走りながらアイディアを探さなければ
ポスターと画報撮影のための小物を探すために
街にでかけた花男と花女
(ヒョンジュンとダムビが着いた場所は?)
街の人:大変~(先端流行と若者の街 シンチョン)
(喜ぶ市民たち)

(そしてミノとジュンが訪ねて行ったところは?)
(ファッションのメッカ ロデオ街)
(遅れて着いたミノ)
KJ:今何時か
LM:5分遅れたよ
KJ:何が5分だよ(怒ったジュン)
LM:すまない 今日は僕が全部やるから ついてきて

(果たしてどんな小物が見つけられるだろうか)

SD:ここに来たことがありますか
リダ:ええ 昔  ここに入ってみない?
(自分の行きつけの店に案内する)
  これ いくらですか?
  (おっ!)  
(階段が見れなくて驚いたヒョンジュン)
  びっくりした 背が低くなった
(何をしても4次元)

LM:着てみていいかな
 (ミノんおコンセプトに合う服を発見)
 (存分に着てみて)
 (気に入る)買いたい
  兄さんに似合うだろう
 (ジュンのコンセプトに合う小品の発見)
KJ:ぼろぼろのものは僕に…
  (…)
  (違うと思うが)
LM:これではなさそうだ

SD:ここ いいね
  全部買いたい(あれこれ選んでみる)
  気に入る 買おうか
 (画報のコンセプトとは合わないような…)
リダ:(バンパイアがネクタイを?)これはダメ
SD:どうして?(ファームファタルだって?)
リダ:仕事で来たから
  (自分の趣向の小品だけ選んでいる)
  使えるものだけください
SD:全部
リダ:それはダメ
SD:どうして?
リダ:お願いします
   もう行かなければ 
SD:ダメ~
リダ:元の場所に置いておきます
   行きましょう(まだ持っているネクタイ)
SD:もう少し見物しましょう
リダ:ダメ
(外に出ても正気でないダムビ)
SD:正直バンパイアには似合わないを思う
  これ可愛いでしょう?
リダ:(笑)(僕の負けだ)
SD:(するすると)私これを持って来てしまった
リダ:持ってきたか(そのまま持ってきたネクタイ)
SD:どうしよう
リダ:盗みを
SD:違います そんな人ではありません
(ソン・ダムビ 盗みをする)

(ミノ&ジュン 飲料水を飲みながら余裕にミッションを遂行中)

(パネルに頭を下げる)
LM:こんにちは 先輩
(チョ・インソンにも会って)
KJ&LM:ジャンディだ(クム・ジャンディにも会って)
LM:僕もいる 元気かな(会いたい ジャンディ)
(あちこち続くショッピング)
(何がそんなにいいのか?)
(ヒョンジュンとダムビ バカ)
LM:耳がくすぐったいだろう
(少し要領を得た二人)
LM:いいな
  このカメラが一番気に入る
KJ:(鞄の発見)
LM:貸してもらえませんか?
  僕 本当に厚かましいだろ いきなり貸してくれと言った
LM:イヌだ これは何?(また何かを発見)可愛い(可愛い子犬)
 俺 TVに出てるよ
LM:俺 子犬が飼いたい 
(ぴょんぴょん)こいつを見ろ 可愛い
KJ:こっちに来て(いつの間にか抱いているジュン)
LM:子犬は借りられないだろう
KJ:僕は子の子たちの名前もつけた さようなら
LM:今この子たちに名前をつける場合ではないよ
KJ:もう名前をつけたよ
LM:まだ携帯の名もつけられたかったのに

リダ:運勢を見ない?
SD:運勢?(こっちも遊んでいる)
   健康運を見ましょうか?
リダ:すみません 一週間前に健康診断を受けました
   すべてが正常ですって(自慢)
SD:私も正常ですよ(負けない)
リダ:そう?
(ダムビとヒョンジュンの愛情運は?)
リダ:緊張する
SD:お互いに合わないと言われるかも
(少し期待するヒョンジュン)
SD:これは何?(結果は?)
占い師:結婚を意味するカードです
リダ&SD:(大笑い)
(盗みに続いて結婚スキャンダルまで)
占い師:なぜ悩みが…これは月です
リダ:月?そう 月のために悩んでいます
占い師:(最終結果)女のいうことを聞きなさい
(月のために悩んでいるヒョンジュン 
 女性の言うことを聞かなければ)
リダ:Twilightにしろという話?
   女の言うことを聞かなければいけませんか
占い師:そう言ってるでしょう?
(ヒョンジュンももう言い張れない)
リダ:月光はいけないのですか
SD:Twilightですよ

KJ:このくらいなら いいだろう
LM:成功したと思う
(小物をいっぱい買って満足する二人)
LM:時間はある?
  美味しいものを食べて行こう
(スタジオにはいつ行くつもり?)
LM:楽しい

(ヒョンジュンとダムビも小物の準備が終わった)
SD:今 何時?
リダ:5時 
SD:完全に遅れた
リダ:ショッピングをあまりに長くした 早くいかないと
   あの作家は怖いですって
SD:叱られるかも

(リダ&ダムビ スタジオに到着)
リダ&ダムビ:こんにちは
カン・ヨンホ:何を買ったか?
SD:ちょっと…
(スタジオを見物しているヒョンジュン)
(ダムビ 直接選んだ商品を一つずつ出す)
SD:小物です
カン・ヨンホ:これはウェディング・コンセプトだが
SD:私の趣向です
カン・ヨンホ:自分の気に入るスタイルを選んだな
リダ:私は黒いブーツ
カン・ヨンホ:携帯を主として撮るつもりだから 現実感があるように
   映画のように
リダ&ダムビ:映画か

(夜遅くスタジオに着いたミノとジュン)
LM&KJ:こんばんは
チョ・ソニ:今何時だと思う?
(約束時間にずいぶん遅れたミノとジュン)
チョ・ソニ:約束時間を守らないと
  ハンサムなら 許されると思う?
LM&KJ:(シュン)
スタッフ:楽しみだね
LM:あまり期待しないで
チョ・ソニ:これは気に入るが 要らない
LM:かろうじて借りてきたのに
(急に次の小物を出すミノ)
スタッフ:素敵ね
チョ・ソニ:茶色は今のトレンドではないでしょう?
LM:(うん~)
  まだ何かあるだろう(気に入らない小物)
チョ・ソニ:これが全部なの?
LM&KJ:…
チョ・ソニ:私はあんなに多く準備しておいたのに
(細心な小物まで完璧に準備してあるスタジオ)
チョ・ソニ:昔の家だったが急ぎの用があって 
まま置いたまま去って今帰ったのだ
キーワードをAre you there?にしたらどう?
(彼女と共にしてた思い出の場所)
  画報はストーリーなどない
  モデルにこんな感情を持ってほしいと説明するだけだ

各チームは自分が決めたコンセプト通り
素敵な画報を撮影しなければならない
花男花女の新入社員たち 
今から本格的な撮影を始める
どんな画報が誕生するだろうか
期待しろ

LM:CCTVか こんばんは
(本格的に撮影の開始)
(一番目はイ・ミノ)
(彼女との思い出を回想する表情)
(ジュンはミノの撮影を用心深くチェック)
チョ・ソニ:ミノはちょっと落ち着いています
  撮られる方法を知ってるなと
(続けてジュンの撮影)
(ミノの撮影に基づいて もっと成熟した感じを表現)
チョ・ソニ:顔をこっちに そう そんな感じ
(同じ場所の違う感じ)
  君が見ても素敵でしょう?
  すごく早くキャッチして オープン・マインドなので
  発展の可能性が大きいです

(ヒョンジュンとダムビも撮影を始める)
(ひんやりするバンパイアのヒョンジュン)
(夢幻的な演出のためのスモーク)
カン・ヨンホ:頭はさげて(おかげで素敵に撮れたが)
リダ:(咳)
(過度のスモークでヒョンジュンは苦労)
リダ:血を吐きそう
(これを見守っているダムビ)
(ヒョンジュンを心配する)
(ダムビの視線を感じたのか頑張るヒョンジュン)
カン・ヨンホ:よし 本物のバンパイアみたい
(画報のコンセプトを確実に表現する)
カン・ヨンホ:音楽を聞いて感じる感情を体で表現してほしかったが
   ヒョンジュンさんには演技の才能があります
(今度はダムビの撮影)
(誘惑するバンパイアの姿を表現)
カン・ヨンホ:顎を上げたままカメラを見て
(パートナーの撮影をモニターしているヒョンジュン)
カン・ヨンホ:可愛い そのまま STOP GOOD
リダ:(ダムビに誘惑されたように)
Queen of Vampire Son Dam Bi

スタッフ:会議の時話してたことと比べたら どう?
リダ:思ったよりぞっと…
スタッフインタビュー:商品を引き立たせるモデルとしてはダムビさんのほうがいいです

LM:これはダメですよ(続くミノの撮影)
  筋肉もないのに…
チョ・ソニ:女性は筋肉質の男性を好きだと思うのが
(作家んお準備した衣装が気に入らないミノ)
LM:スリムな体は好きですが 筋肉が…
チョ・ソニ:十分だって 典型的な広告撮影ではなく画報用で独特な服が必要なのに
   そんな服を初めて着てみるから…それで着ないんだと?
スタッフ:着たくないと
スタッフ:着てみて(衣装のために撮影の拒否)
(スタッフが説得してみるが)
チョ・ソニ:私は似合わない服を着ろと言わない
LM:そんなにきれいではないと…
チョ・ソニ:きれいだよ
(結局一応撮ってみて決めることにする)
LM:本当に嫌いです
チョ・ソニ:テストしてから客観的に言ってみて
   無条件嫌いだと言ってはいけないよ
(やっと撮影は再開されたが)
(気楽ではない)
チョ・ソニ:始めましょうか
LM:ちょっと待って 靴を磨いてあげようか
KJ:できるか お前からゴムの臭いがする
チョ・ソニ:どうしたの?今衣装のために敏感なのに
LM&KJ:すみません
(気がきかないミノ)
LM:この服 本当にひどいですよ
(気にさわった作家)
(撮影場を出てしまう)
(突然中断された撮影)
(二人はこの危機をどう克服するだろうか)

(ヒョンジュンとダムビの撮影場)
スタッフ:始めは少し冷たい微笑に
(幻想の呼吸を見せる二人)
スタッフ:ダムビさんは携帯をもう少し上に
(満足した作家)
スタッフ:OK お疲れさまでした
カン・ヨンホ:お疲れさまでした

SD:Twilight?
カン・ヨンホ:月光はほかのチームにあげよう
(結局女性の言うことを聞くことになったヒョンジュン)

(ミノとジュンの撮影は夜遅くまで終わらない)
(まだ冷たい撮影場の雰囲気)
(この事態の収拾に乗り出す)
KJ:先生が怒った
LM:(びっくり)
KJ:(作家に近寄るが)早く来い!
(ひょろ長く付いていくミノ)
KJ:先生 大変でしょう?
  (ミノが)食ってかかったんですって?
LM:狂ったのか(びっくり)
チョ・ソニ:腹が立つ なぜ着てくれないの?
   君を素敵に撮るためなのに
KJ:ミノは欲が出てきたようです
LM:もう許してください(愛嬌)
KJ:僕がとっちめたから
チョ・ソニ:臭いはするね
LM:最後の撮影だから ファイト
(二人の愛嬌に怒りが消えた作家)
(夜遅くまで撮影は続く)
(彼女を回想する感じをよく表現する二人)

来週Anycall新入社員の広告制作の結果が発表されます

次回予告…


d0045037_49aec2ef3b6des.jpg

■HAPTIC MISSION Season2 Ep7

(ナレーション)花男と花女の三番目のミッション
Anycallの新製品の広告を製作しろ
ダムビとヒョンジュン ミノとジュンは
各自チームを組んで携帯の名と画報のコンセプトを決めた
これに基づいてコンセプトに合う素敵な画報も撮影した
Hapticミッションの最後の段階
プレゼンテーションを準備しろ
このプレゼンテーションは最高の新入社員を選ぶための最後の関門
花男花女の新入社員たちはよくできるだろうか

(ビルの風景 最後の挨拶)
スタッフ:内容は自信があるがプレゼンテーションは心配になる
    とても気難しいよ
LM:気難しい 一応否定的に見るでしょう?
スタッフ:消費者のみんなが好意的ではないから
    私たち自身が前もって練習してみるのよ
LM:どうしてもわからない
KJ:(仮想実験 実践んお練習)先にする?
  このカバンを持ってきて僕に渡すのだ
LM:このカバンを?
(まず効果音は口で)
(スパイのように品物を渡す)
KJ:みなさん これが何かわかりますか?
(何かがあるような設定)
LM:世の中に来てはいけないものが来ました
KJ:来ました
スタッフ:きゃ~
KJ:これはどんなものなのか 今からひとつひとつ暴きます
LM:暴きます(最後まで視線は固定)
  ずっと一人だけを見ているのです
(ただ一人だけを狙うという戦略)
  一人でも味方につけるために 一人だけをまじまじ見つめていました
KJ:そういう風に説明すれば…
スタッフ:いいね
(ヒョンジュンとダムビは何をしているだろうか)

SD:(びっくり)こんにちは
(ヒョンジュンとダムビのチームを急襲したミノ)
LM:うまくいきますか これを食べて
スタッフ:(慌てる)隠して
LM:隠さなくていいよ 見ないから
  それを見に来たのではない お菓子をあげようと…
(何となく気まずい)
(おやつなど 密かに探っているミノ)
リダ:うちの携帯の名はウンサミだ
   韓国衣装を着て撮ったのもあるし
LM:韓国衣装を着て撮ったんだと?
SD:髪を編んで撮ったのもある
リダ:あのシーンが大変でった(嘘の情報)
   ブランコに乗ってシーソーにも乗ってジブル遊びもして…
(笑いを耐えるダムビ)
LM:ジブル遊びは何?(正月にあぜ道などに火を放つこと)
リダ:ジブル遊びは缶の中の石油が…
(バカでもないし 信じるだろうか)

LM:見抜いた
スタッフ:本当?(報告するミノ)
LM:韓国衣装(ミノはバカ)
スタッフ:えぇっ?
スタッフ:お前を騙したのだ(まさか)
LM:コンセプトが韓国衣装ですよ(確信)
コンセプトは韓国衣装でぎっこんばっこんの話もしました。
KJ:変だな 他の部屋に入ったのか?
LM:韓国衣装に土俗の感じを(完全に確信)
KJ:あのチームはお前が来てることを知っていたか
LM:もちろんだ 僕が食べ物を持っていったから
一同:やはり(あきれる)
LM:(僕は完璧だったのに)
スタッフ:密かに探らないと 堂々と入ったし 信じられないわ
KJ:ぎったんばっこんだなんて
スタッフ:ミノの目つきは…
LM:ジブル遊び(バカ)
KJ:それは危ないよ 食べ物を買ってあげたか
LM:ええ
KJ:ここは?

(ナレーション)新入社員たち プレゼンテーションのための夜勤も辞さない
目前に迫った発表の時間 緊張感は百倍
今までのすべての努力が一瞬にきまる
花男花女の新入社員たちに どんな結果が与えられるだろうか

イ・ミノとキム・ジュンの‘彼女のHaptic’
LM&KJ:こんにちは
KJ:新入社員のキム・ジュン
LM:イ・ミノです
KJ:この携帯にどんな単語が似合うだろうかと思った結果
  ‘彼女’という単語が浮かびました
(喉が渇くヒョンジュン)
   彼女は誰だろうか 私たちが考えた人は
LM:スポーツ・スターのキム・ヨナさんです
   本当に可愛いので うちの携帯にぴったりでしょう
KJ:‘国民妖精 彼女のための’
LM:‘Haptic’

―映像―(彼女のHaptic)
(また戻ったこの場所)
KJ:ここで僕は彼女を記憶する
LM:ここで僕たちは彼女を記憶する
KJ:彼女との記憶が共有される小さな空間
LM&KJ:彼女のHaptic
(発表後 評価の時間)
役員:‘彼女のHaptic’という用語は見慣れないかもしれないが
   ネーミングの時 消費者はどおう感じるか考えてみましたか
KJ:誰でも‘彼女’になれます
  人は自分をもっと特別に思ってほしいので
  ああいう風に表現してみました
(落ち着いてよく答えたジュン)
役員:10代の女子高生も痛い記憶や悲しい思い出を
受け入れるだろうと思いますか
LM:(慌てる)思春期の女子高生はむしろ大きい悲しみと
喪失感を感じていると思います
KJ:最近はとても早いですので
(どうにか笑いで済ましたミノ&ジュンの発表)

キム・ヒョンジュンとソン・ダムビのTwilight
SD:ダムビとヒョンジュンのプロジェクトです
KJ:面白くない
SD:Twilightという単語を知っていますか
  私的に好きな映画ですが 世の中が一番美しい色に染まる時間です
  ‘世の中の色をすべて吸い込む’
  ‘ダムビ・バンパイア’
リダ:‘ヒョンジュン・バンパイア’


―映像―(Twilight)
リダ:彼女が僕を見つけるまでに
   この闇の中に留まっていなければ
(世の中の色をすべて吸い込む)
(どんな光も僕の手を抜けられない)
SD:どこにでもいつも彼がいる
(闇の中で私を見つめる視線がある)
  彼が一歩さえ近寄って来れば 二度と彼を放さない
(魅惑のカラーで彼の心を奪う)
(拒めない華やかな色の誘惑)
リダ:僕たちがひとつになる時
リダ&SD:世の中はTwilightに染まる
(Twilight 私たちが世の中に出る時間)

役員:ネーミングのために
リダ&SD:(緊張)
   ‘達人’に手伝ってもらったと聞きましたがどうでしたか
リダ:疲れていましたが笑わせてもらって
   エンドルフィンが出ました
SD:エンドルフィンが出ました
リダ:僕は月光 ダムビさんはTwilight でしたが
   街で運勢を見て‘女性の言うことを聞けば成功すると言われ
   確信を得た名です
役員:ダムビさんがTwilightという映画があると言いましたが
   私はまだ見ていません
   キンコン(キングコング)とかジョーズとか
   すべての人々が知っている映画の場合は
   その名を付けるとみんなに同じイメージが連想できますが
   Twilightと言ったとき果たして何人がその映画を考えるでしょうか
リダ:関係ないと思います(断固)
   海外の有名なブランドもそうだし
   製品に自信があったら人々は認めてくれるでしょう
   Anycallの新製品ですので満足するだろうと思います
(ヒョンジュンとダムビの発表も終わる)

スタッフ:これで7週間の新入社員の入社体験が終わりました。
    最後に修了式を

(ナレーション)プレゼンテーションを無事終えた新入社員たち
今は最高の新入社員の発表しか残っていない
しかし このまま会社生活を終えるには何かが惜しい

KJ:(先輩たち)苦労しただろうに
  どんなに頭が痛かったんだろう
リダ:お餅をプレゼントしようか
(引越しでもないし なぜお餅を…)
LM:歌?
リダ:ミノは歌いたいのか!
LM:僕以外みんな歌手だから
KJ:一緒にしよう
リダ:兄さんはT-MAXを呼んで
   ダムビさんは‘土曜日の夜に’を
KJ:お前が見たいからだろ?(私的な願い)
リダ:!!!よく知ってるな
(今は目つきさえ見れば下心を見抜く同期生)
KJ:楽しみだな
LM:ボムも呼ぼうか
全員:いいだろう みんな一緒にすればいいから

花男と花女が準備する最後のHapticミッション
Anycallの先輩たちのためのThank you Concert
期待して

(D-6  練習の初日)
(団体曲のmission No4を練習)
(リード・ボーカルのソン・ダムビ)
(サブ・ボーカルのミノとヒョンジュン)
リダ:僕たちのパートは終わった
   お前はそばでこうしていろ
  (サブ・ボーカルはたった2小節)
(Rapperのキム・ジュン)
KJ:僕を願うなら 叫べ Say Ho~

リダ:Say Ho~
(ミノ・ヒョンジュンのパートはたった三言)

ハン・ソルヒ:ダムビさんの紹介で来ましたが
  (マジシャンのハン・ソルヒ)
リダ:はじめまして
(公演の練習 カード魔術)
ハン・ソルヒ:一枚選んでください
   私は見ないから 確認して
LM:確認する時 手をよく見ていなければ
ハン・ソルヒ:そのままカードを…
   願うところでSTOPと叫んで
リダ:はい STOP
ハン・ソルヒ:カードをまた入れます そして混ぜます
(入社以来最高の集中力を見せる二人)
ハン・ソルヒ:気になるでしょう
   どこにあるか知らないように もう一度混ぜます
(果たして)
ハン・ソルヒ:ぐっと押さえるとあのカードが一番上に
LM:どうして
ハン・ソルヒ:ダイヤモンドを選びましたね
リダ&LM:(びっくり)

(D-5 業務で忙しい会社)
(直接広報する花男と花女)
リダ:5階の大会議室で私たちの修了式をします
社員:本当?
リダ&LM:是非来てください

(D-4)
(別れが惜しいダムビ)
(心を入れるカードを準備する)

(D-3)
(マジシャンに手伝ってもらって魔術ショーを準備しているミノ)
(Thank you Concertで新曲を発表するヒョンジュン)

(D-2)
(熱心にコンサートを準備している花男と花女)

(D-1)
(彼らは先輩たちにどんな舞台をプレゼントするだろうか)

(D-Day 公演の日)
(新入社員の修了式を見るために集まった先輩たち)
(Thank you concertはまだ知らない状況)
(新入社員たちは最後の準備で忙しい)
リダ:‘僕を信じてみろ’
LM:‘見守ってくれ’だよ
(ヒョンジュン…T.T)

(いよいよ公演場の電灯が消える)
(前方にHAPTIC MISSIONの文字)
(新入社員たちが準備したイベント)
(この状況を全然知らない先輩たち)
(何?これ)
(新入社員の8週間の記録映像)
(迫るイベントは知らないまま楽しく見ている先輩たち)

全員:スクリーンから)こんにちは
   私たちは新入社員のジュン ヒョンジュン ダムビ ミノです
リダ:その間私たちのために苦労したでしょう?
SD:先輩のおかげで会社生活が楽しかったのです
KJ:苦労した先輩たちのために準備しました
LM:Anycall先輩のためのThank you concertが今から始まります
   共にしましょう!!
(驚いた先輩たち)
(本格的な公演が始まる)
(一週間ずっと練習したジュンのラップ)
先輩:(ジュン こんばんは)
(先輩の前だからもっと緊張するダムビ)
(ミノとヒョンジュンの出番)
(少し遅く始めたミノ)
(笑いで済ますヒョンジュン)
(そして久しぶりに会うボム)
(先輩たちに感謝の気持ちを伝えるために集まった)
(緊張してずっと間違うサブ・ボーカル)
(でも楽しく見てくれる)
(間違ってないように)
リダ:その間手伝ってくださった先輩たちに
   こういうコンサートが見せられて光栄です
LM:今までありがとうございました
SD:ありがとうございます

LM:驚きましたか
会場:はい(拍手)
LM:先輩のために何ができるだろうか悩んだ結果
  このコンサートを準備しました
  最後を祝うためにキム・ボムさんも来ました
(感謝の気持ちで訪ねて来たキム・ボム)
LM:(わなわな)では…すみなせん MCは初めてで
  どうしていいのかわかりませんね
(下手で未熟だが 真心をこめて)
LM:本格的にソン・ダムビさんとT-MAXの公演を始めます

(‘土曜日の夜に’~ソン・ダムビ)
(韓国の男なら 誰でも胸が騒ぐ舞台)
(ヒョンジュンも韓国の男)
(会場 この人も韓国の男)
リダ:(KJに)初めて見る
(幻想的なダムビの公演に)
(舞台の上に飛び上がるヒョンジュン&ジュン)
(会場 二人はどうしてあそこに)
(ジュンとヒョンジュン 踊る)
(驚いたダムビ)
(この子たち 何をしているのか)
(でもダムビの舞台は素敵にEnding)

(‘君を愛してる’T-MAX)
(ジュンを手伝う特別ゲスト T-MAX)
(ダムビの舞台に続いて熱狂的な雰囲気)(
(舞台の下ではミノがマジックの公演の準備をしている)
KB:マジシャンか
(今日特に緊張したミノ)
LM:できない
(場内をかっと熱したT-MAX)
先輩:(うちのジュン 素敵)
(ジュンの公演が終わる)
KJ:魔術は好きですか(ミノの公演を紹介するジュン)
会場:はい
KJ:驚くべき魔術を見せます
  目を丸くして見守ってください 私たちは退きます
T-MAX:ありがとうございます

(期待)
(ミノのMagic Time)
(助っ人のハン・ソルヒマジシャン)
(ミノが見せる魔術は?)
(気になって控え室を出たダムビ)
(また舞台の上ににあがったヒョンジュン)
(杖の魔術 成功)
KJ&KB:(緊張せずよくできるな)
(いよいよメーン魔術)
(風船が破れなければならないのに)
(どうしよう)
(でも最善をつくしたミノに)
(激励の拍手をおしまない)
(‘頼むからよくして’~キム・ヒョンジュン)
(未発表の新曲の公開)
(先輩たちのために新曲の初の公演をお披露目するヒョンジュン)
(特に女性の関心集中)
(4次元のヒョンジュンの新しいカリスマ)
(秘蔵のBody 公開)
(男のミノも感嘆したNICE BODY)
(舞台で光る素敵な男 ヒョンジュン)
KB:(さすがカッコいい)
(ヒョンジュンを最後にコンサートは終わる)

(ナレーション)遂に最高の新入社員の発表
奇抜なアイディア・バンクのキム・ヒョンジュン
始めから最後まで誠実なキム・ジュン
完璧なエリートのキム・ボム
すべてのことに最善を尽くすスマイルマンのイ・ミノ
熱心に 屈せず 最善 努力のソン・ダムビ

司会:Anycallの最高の新入社員 果たして誰だろうか
   拍手をお願いします
(先輩たちも緊張する)
Anycallの最高の新入社員は(緊張)
(イライラする)

(ナレーション)誰がAnycallの最高の新入社員になるだろうか
(いよいよ発表の瞬間)最高の新入社員は 皆さん全員です
(皆さん おめでとうございます)
(予想外の結果に驚く)
全員:ありがとうございます
(ではみんなが最高である理由は?)

(ナレーション)
8週間あまり苦労した新入社員たち
不慣れな会社生活になすすべを知らなかったが
適応して熱心に努力する姿が美しくて感動的だった
そしてその姿を永遠に記憶するために
皆さんをAnycallの最高の新入社員に選んだ

司会:貴下はAnycall Hapticミッションの8週間の研修過程を
   成功的に修了したのでAnycallの名誉社員に委嘱します
   副賞で黄金名刺を与えます
KB:最後まで喜んで迎えてくださって ありがとうございます
  記憶にたくさん残るでしょう ありがとうございます
SD:熱情で頑張ることができたのは 皆さんのおかげでしょう
LM:韓国の最高のアイディアが出るところだと思います
  これからも頑張ってください
KJ:私たちは元に戻って熱心に活動するから
  先輩たちも良い携帯を作ってください
リダ:多くのことを習いました その間楽しかったのです
   舞台とTVで良い姿だけを見せるキム・ヒョンジュンになります
   ありがとうございます
(ありがとうございます)
(この二ヶ月新入社員も先輩も幸せだった時間)
(修了式場は惜しい別れの場所になる)
(Hapticミッションを通じて会った人々を美しく記憶するように祈る)
(Good Bye ヒョンジュン ダムビ ボム ジュン ミノ)


2014-11-25(Tue)
 

HAPTIC MISSION ep5~7

AnycallWallpaper_HyunJoong.jpg

HAPTIC MISSON season2 です。
残念ながら日本語字幕版は見つかりませんでした。
英語字幕版でお楽しみくださいね。
※次の記事で日本語字幕書き起こしをアップします。
最後はステージのリダで有終の美を飾ってくれます。

HAPTIC MISSON 5

credit:crazy4hun


HAPTIC MISSON 6

credit:crazy4hun


HAPTIC MISSON 7

credit:crazy4hun

やっぱり、ステージが一番生き生きとしているリダ♪


過去記事
HAPTIC MISSION Season2 画像

HAPTIC MISSION 番外編



2014-11-25(Tue)
 

HAPTIC MISSION ep1~4

30cc896cc53f20df42169469_20141123014851e4e.jpg

大事に見ていた「その冬、風が吹く」を見終わりました。
とてもよかったです。
ラブ・ストーリーというよりも、私には人間のドラマに思えました。
生きたいと願ってはいるけれど、何のために生きるのかがわからない男が、生きる意味を見い出す物語。
僕が生きる理由…です。
主人公の心の機微が胸に響く台詞と演技で表現されていて、素敵でした。
キム・ボム君がとてもいい役で出ずっぱりでしたよ。


■ きょうの立ち読み
11/22 発売
韓流ぴあ 2014年 12/31号
気になるスターの最新情報というコーナーに掲載されているということだったので、何が書いてあるか気になって…
ページを開くと目に飛び込んできたのが、松坡警察署前で撮影されたリダの写真。
えっ…と思いつつ記事を読んだら、3月入隊説否定、という内容でした。


20140505122344308sa.jpg

さて、ようやく本題です。
カテゴリを作るくらい大好きなHAPTIC MISSON。
その幻の日本語字幕版をお借りしてきました。
リダのさまざまな顔が見えるシリーズ。
花男直後のジフ先輩とF4の仲間たちが登場します。
連休の方も、そうでない方も、楽しんでくださいね。



HAPTIC MISSON 1





credit:momo


HAPTIC MISSON 2





credit:momo


HAPTIC MISSON 3





credit:apple5603


HAPTIC MISSON 4





credit:momo


To Be Continued・・・,



2014-11-23(Sun)
 

HAPTIC MISSION 番外編

HAPTIC MISSIONの関連画像と動画をご紹介します。
SS501”PLAY"

credit:littlebean

最後に笑っているのは…誰?


☆リダ出演のCMです。

私が一番好きなのは これ!
異星人?のふたり。
リダ:ミノ、おまえどこから来たんだ?
LM:記憶にないな…ん…あぁ~~っ!!
…続きは動画でどうぞ!!








haptic my style#1

haptic my style#2

haptic my style#3



haptic my style#4

Any Cll #1

Any Call #2

Any Call #3
2010-08-29(Sun)
 

HAPTIC MISSION Season2 画像

ASTA TV 2009.JULY より

haptic mission season2#1

haptic misiion season2#2

haptic mission season2#3

haptic miion season2#4

haptic misiion season2#5

haptic misiion season2#6

haptic misiion season2#7

haptic misiion season2#8

haptic misiion season2#10

haptic misiion season2#11

haptic mission concert

haptic misiion season2#12




2010-08-29(Sun)
 
プロフィール

knob노부

Author:knob노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び記事の一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR