FC2ブログ

『時間が止まるその時』スペシャル・メイキングDVD

2019080320401245b.jpeg

8月1日ポストに届いていたAmazonからのDVD。
不在届が入っているものだとばかり思っていたから、拍子抜けしました。
でも、無事に受け取ることができたから良かったです。

メイキングは自己紹介、台本読みから始まり、撮影現場へと進みます。
メイキングは舞台裏を見せてくれるので大好きです。
ドラマとは別のもう一つの世界。

子役ちゃんとのやり取りが微笑ましいリダです。
ドラマを見た後だからわかる、っていうのがうれしいです。
とりあえずはここまでしか見られず、あとは週末のお楽しみにとっておきました。


2019080401461460c.jpeg

そしてもう一枚はソウルでのファンミーティングを収録したDVD。
去年の8月18日に行われたファンミーティングの様子がきれいに編集されていました。
参加したファンミーティングがカタチになって残るのはうれしいです。
ファンミレポを横目で見ながらメイキングを見て。
もう1年前のことなんですね。

リダの言っていることが今ならよくわかります。
そして変わらない想いも。
出演者の名前も、今なら役柄とともに頭の中にあるし。

最後の握手会のシーンまで丁寧に映像が残されているのは貴重です。
ここに自分がいたんだな、ってあらためて振り返ることができて。

あの夏の日、暑い中撮影現場にいたことを、
何のシーンかわからないまま見学して、
すぐそこにいるリダを静かに見つめて、
ドラマのストーリーについては緘口令が敷かれたことも、今となっては懐かしい思い出です。


『時間が止まる瞬間 』 撮影見学レポ

『時間が止まる瞬間』 ファンミレポ①

『時間が止まる瞬間』 ファンミレポ②

※まだこの時はこのドラマタイトルで呼んでいました。



20190803205641c01.jpeg

DVD同梱特典のオリジナルフォトカード2種が同梱されていなかった件について

先に問い合わせしてくださった方のおかげで、E-MOTIONに電話をしてフォトカードを受け取ることができました。
現在は申込みサイトができたので、ご紹介しておきます。

申し込みはこちらから⇒オリジナルフォトカード申込みサイト


正直なところ、電話で対応できるくらいの販売数だったのかと思いました。
7/31付 オリコンデイリーDVDランキングでは9位なんですけどね。
この件ではSNSでも思いのほか反応が薄くて、購入した人が少ないのではないかと感じましたがどうなんでしょう。
撮影地を見学し、ファンミも参加した私にとっては思い入れの強いドラマなんですが、そういう点で温度差があるのかな、と。





2019-08-04(Sun)
 

『時間が止まるその時』のセリフを振り返る⑫ 最終話

2019073101425588e.jpeg

今日で7月が終わります。
メイキングDVDが届く前に『時間が止まるその時』を振り返らないと、そんなふうに思っていました。

一時停止しながらセリフを書き写して、画面を見つめて。時には戻って見直して。
何度となく繰り返す一風変わったドラマ視聴。
それだけにセリフが頭に残り、物語を理解することができました。

神にも予想のつかない人間の縁、人間の愛、人間の記憶。
そこには情に流され、失敗もし、過去を悔やむ、まるで人間のような神がいました。

そして、止まった時間の中でめぐり会うジュヌとソナ。
止まった時間の中でなら、お互いを見つけることができるだろうという”神の配慮”

メイキングを見るのが楽しみです。
きっと誰よりもこのドラマのシーンを記憶していると思うから。

時間を止めたジュヌを、いつまでも記憶の中に留めておきますね。




第12話(最終話)

20190731014308dc8.jpeg

すまない 遅くなった(記憶が戻り目覚めたジュヌが最初にソナへ伝えた言葉)

あなたが憎かった でも…同じくらい感謝してます(続けて骨董屋の元神にジュヌが伝えた言葉)

このブレスレットにはお嬢さんの記憶が宿り その記憶が時を超えてお前の元に来たのさ(骨董屋の元神がジュヌとソナへ伝えた話)

じいさんがブレスレットを保管してたと?(ジュヌ)

申し訳なくてな 心苦しかったよ お前たちを再会させてやりたかった (骨董屋の元神)

201907310143472b9.jpeg

20190731014401f15.jpeg

20190731014420870.jpeg

何が神だよ 使えないな(元神とジュヌのやり取りを聞いていたインソプの言葉)

つまりこのブレスレットの中には私の過去の記憶が宿ってるんですね? つけてみます(ブレスレットに手を伸ばそうとするソナ)

その瞬間 耐えられない記憶が波になって押し寄せるぞ(ソナを押しとどめる元神)

201907310144329aa.jpeg

インソプもジュヌさんも…いいから聞いてよ その能力で世の中を掌握してると思ってた まさか追われる身だったとは 大家さんもジュヌさんも苦労が絶えないわね ジュヌさん 過去はどうあれ私たちはあなたの味方よ このご時世 他人を助ける人はなかなかいないわ 実はね あなたが助けてくれたってみんな知ってるの 201号室の住人さんも私もスナも暗い過去に苦しんでた “私たちは幸せになれない”ずっとそう思ってた でもあなたのおかげで そして大家さんのおかげで幸せになれた 人生のアドバイスとは言わないけど過去から逃げないで 正面から向き合った瞬間 幸せが訪れたの あなたのおかげよ感謝してるわ(スナの母親の言葉)

20190731014446d12.jpeg

201907310145060f2.jpeg

覚悟を決めたわ 過去と向き合ってみる そのためにブレスレットをつけるわ(「君まで苦痛を味わう必要はない」ソナを止めようとするジュヌ)私って意外と強い女なの 知ってるでしょ 同じ日常の繰り返し 父さんが残した借金 私を追い回した悪徳金融 私には“明日”なんてなかった ううん 考える余裕がなかったの でもあなたに出会って私は変わったわ 明日を夢みるようになった だから知りたいの 私たちが一緒に過ごした過去の瞬間も 過去に向き合えばこの瞬間がもっと幸せに感じられそう(過去に向き合う決意をジュヌに伝えるソナ)

20190731014532224.jpeg

おかえり(過去の記憶から戻ったソナを迎えたジュヌの言葉)

お祖母ちゃんはウソつきじゃなかった お久しぶりです ジュヌさん(ソナの言葉)

20190731014543073.jpeg

20190731014552feb.jpeg

私の願いを聞いてくださり感謝してます おじさんが機会をくださいました ジュヌさんも私に会わなければ人間として生きられたんですよね? 使者として重圧を感じずに おじさん お願いがあります 私はジュヌさんが失った時間を取り戻してあげたい(元神に思いを伝えるソナ)

先輩がおっしゃった“神の配慮”悩み抜いて出した答えは この2人の縁は危険だと言うことです 危険じゃないと? (先輩は)よくも言えますね “能力者の強制消滅”をお忘れで?数多くの能力者を無慈悲に消した方に言えた義理はない ルールに従ってその2人を消滅させます(ソナのマンションに現れた神の言葉)

何の権利があって人の人生を消すのよ 神だったら何をしてもいいわけ? 罪のない人を消してもいいの? 何がいけないのよ この子たちが能力を使って罪を犯したとでも?(スナの母親が神に向かって言った言葉)

持つべきでない能力を持った それ自体が罪だ その能力が人間界を混乱させるんだ (神の言葉)

あの 神様 “人間に手出ししない” “それが神の法則だ”おじさん(元神)に聞きました 法則をこのまれるそうですね 今ここにいる人の中で能力者は私だけですね (ジュヌの能力を消し神の元へ進み出たソナの言葉)

許して また勝手な選択をした私を わずかな時間だけど再会できて幸せだった 愛してる 愛してるわ ジュヌさん(ジュヌに贈るソナの心の呟き)

いつかは来られると思ってました ジュヌさんを生かしてください 私が消えたと知れば彼は絶望の果てに命を捨てるでしょう それをお望みではないはず だから彼を生かしてください(「君が消えたらあいつの記憶からも消える 心配するな」)ソナを消滅しに来た元神の言葉)だったら安心です(ソナの回想シーン)

(「お前たち2人の縁は奇遇だな」元神がソナにかけた言葉 ジュヌや住人はソナの力で止まった時間の中にいる)おじさん ごめんなさい でもこれがベストです(「お前 なぜこんな選択を?」ソナに尋ねる神) 愛してるから(心の中で呟くソナ) なぜでしょう 神様ならすべてをご存じなのでは?(「神に堂々と物を言う人間…いや能力者か」苦笑する神)

言っただろ 人間の縁というものは神にも予測できない 予測不可能だからこそ 人生は美しい だからこそ神の配慮が必要だ(元神から神への言葉)

恨むなよ 世の均斉を保つのが神の仕事だ 記憶は消え去る これからは人として幸せに生きろ それが俺の配慮だ(神から止まった時間の中にいるジュヌへの言葉)

20190731014627993.jpeg

20190731014641e42.jpeg

201907310146558fa.jpeg

20190731014703481.jpeg

止まっていた僕の時間が流れ出した 思い出せないけど一番大切な何かを失ってしまった気がした そしてその時間は記憶として また戻ってくる(再び動き出した時間の中でジュヌが呟いた言葉)

201907310147151ce.jpeg

2019073101472400a.jpeg

20190731014734bf0.jpeg

201907310147446dc.jpeg

201907310147520a7.jpeg

僕が住むビルの人々には各自の生活があり よそよそしい関係だ しかし全員が共通の痕跡を感じていた それぞれの方法でその痕跡を追っている 文才のない俺がいつからか小説を書き始めたように(人間として暮らすジュヌの呟き)

僕のビルに住む人たちは顔見知り程度の関係だけど 確かに全員が共通の痕跡を感じていた 誰も信じてくれないだろうけど 僕はすべてを覚えている そしてソナを覚えてる あの日の事件以降 ソナは姿を消し全員の記憶からも消えた 僕も彼女を忘れていた ソナを忘れたまま ご近所さんとして日常生活を送り始めた 僕はソナのビルのオーナーになっていた 忘れるとは思えなかった地下の住人ですらソナを忘れていた しかしある日 新しい能力を得たかのように 父さんを思い出したみたいに存在しないソナを思い出し始めた 元の神様が仕組んだのかもしれない 僕はこの世で唯一ソナを記憶する人間になった(記憶を持つインソプの呟き)

20190731014823dcc.jpeg

201907310148381ec.jpeg

20190731014847f79.jpeg

時間が止まった(探していたブレスレットと巡り会ったジュヌの呟き)

そして再び時間が流れ始めた(使者となったソナがジュヌに気づいた時の言葉)

君が時間を止めたの?マジシャンなのか?(使者ソナに尋ねるジュヌ)

こんな気持ちだったのね お久しぶり 地下の住人さん 長い話になるけど聞きますか?(ジュヌと再会した使者ソナの言葉)


20190731014855c1e.jpeg




2019-07-31(Wed)
 

『時間が止まるその時』のセリフを振り返る⑪

2019072803003666b.jpeg

ひとつひとつの回をじっくり見ていくと、セリフの中に謎解きが盛り込まれていることがわかります。
第11回のセリフでこの物語のすべてを教えてくれると言っても過言ではありません。
それだけじっくりセリフ(説明)を見なければいけないということは、サラッと見ていたら物語がよくわからない、ということでもあるのですけれど。

ですから今回はほとんどのセリフを書き起こした状態です。
まるでノベライズのようになってしまいました。
そしてその場面の画像も準備して。
映像を止めて見ていたので、画像を見るとどのシーンかだいたいわかるようになりました。


今回は現在と過去のシーンが交互に表われるのでわかりにくい部分があると思います。
過去のシーンは「使者ジュヌ」と表記してあります。

そしていよいよ残すところ、あと1話です。



第11話
(「記憶なんかのために神に刃向かうのですか?」インソプと逃げたミョンウンの追って来た使者の言葉)そうだな 消された記憶を取り戻して気づいたんだ 大切なものを置いてきたことに 知っているか?使者になる前は私たちも能力者だった 能力を持ったがゆえに消滅するか すべての記憶を捨て使者として働くか あわれなのはこの選択であってお前たちではない(追っ手の使者たちと対峙するミョンウンの言葉)

最後になるかもしれないプレゼントだ もう人の目を避けず自由に生きろ 幸せになるんだ いいな?(手を握ることによってインソプの能力を失くしたミョンウンの言葉)

お前…これがいわゆる父親の愛情ってやつか(インソプを消滅するために来た使者から能力を失くしたインソプへの言葉) 

消滅を覚悟してまで何を守りたかったの?(消滅するミョンウンを見送った使者の言葉)

老婆心からの忠告だ 能力者の力を吸収すれば体が耐えられずに永久消滅するぞ バカな考えはよせ(ミョンウンが神の元を離れる前に神が伝えた言葉)

ミョンウンはお前を救い自ら永久消滅する道を選んだ お前には伝えておく(神の使者からインソプへの言葉)

どういうことだ なぜ神が消した記憶を覚えていられるんだ?(父親のことを覚えているインソプのことを不思議に思う神の言葉)

ミョンウンと息子が守り抜いた記憶は神も消せない 2人が決めたことだ 神も完璧ではない(使者へ言った神の言葉)

人間の意志が神の力を超えたのですか?(使者から神への質問)

神というのはとても身勝手な存在だ 違うか? 特別な能力を持ったからと人間の魂を消滅させ存在した痕跡も消してしまう 人間にとって記憶はかけがえのないものだ だが神にとっては障害物でしかない そして実はその“記憶”を恐れてる だから新たな混乱を防ぐために能力者の魂と彼らの記憶を消す その方法を選んだだけだ (神から使者への言葉)

20190728030131ba5.jpeg

じいさんは記憶を失ったのは俺自身の選択だと言ってた このブレスレットがすべての元凶らしい だけど何の記憶もない(ジュヌがソナに言った言葉)

過去に何者だったかは関係ないわ 今は違う存在になってる(ソナがインソプへ言った言葉)

そうだな あんたは責められない この能力が僕や父さんの過ちでないのと同じだ 1人でもいいさ 僕が父さんを忘れずにいる 父さんのおかげで覚えていられるんだ(インソプの言葉)

大切な記憶を守る君が羨ましいよ 俺は自ら大切な記憶を消してしまった なぜかな?(ジュヌの言葉)

これが神を苦しめる頭痛の種ですか 連れ帰るのが上司の指示ですが時間の能力でつながるお2人は危険すぎる 使者としてはこの場で消滅させるのが最善かと(使者からジュヌとソナへの言葉)

201907280301423f4.jpeg

私がジュヌの記憶を消したこと そしてジュヌと彼女が再会するまでブレスレットを守ること 最後にこの時間の中で生きること これらが私の基準でいう“神の配慮”だ ブレスレットは2人の縁を結ぶと同時に悲しい記憶を呼び起こすパンドラの箱でもある その記憶と向き合うかはいずれ彼らが決めるだろう(元神の骨董屋が神に伝えた言葉)

20190728030153b21.jpeg

20190728030203368.jpeg

20190728030212d23.jpeg

でも時間を止めたらその中で独りになるし想い出も記憶も誰かと共有できなくなる 悲しいと思うけどな 俺だったらつまらない(回想シーン使者ジュヌの言葉)

このブレスレットは曾祖母の形見なんです 幼い頃よく祖母が話してくれました このブレスレットには伝説があるそうです ブレスレットが選んだ縁の記憶をこの中に閉じ込めてくれる 幾千の時が流れても永遠に…ステキでしょ?(使者ジュヌに話すソナの言葉)

20190728030322e6f.jpeg

20190728030401804.jpeg

20190728030434372.jpeg

201907280305579f7.jpeg

20190728030614ed2.jpeg

201907280306265ed.jpeg

201907280306401f1.jpeg

20190728030652d1c.jpeg

ジュヌは優秀な使者だった 使者の中でも最も目をかけていた だからかもしれん 人間と恋に落ちたあいつの姿が気に食わなかった しかし縁というものがあそこまで残酷だとは神である私も知らなかった(元神の骨董屋が神に伝えた過去の話)

彼女は僕が使者であると知りませんし能力者でもない ただ人として好き合うことの何がいけないと?(「恋愛しろと使者にしたと思うか?目を覚ませ 恋愛感情など使者には贅沢だ」当時の神の言葉)僕を使者に選んだのはあなたでしょう 僕が人間と恋をしたら神に不都合が生じるのですか(使者ジュヌが神へ反抗して言った言葉)

万が一お前の愛する人が能力者ならどうする それが使者だ 愛する者でさえその手で消滅させねばならない そんな状況に直面したら手を下せるか?愛する者を消滅させられるのか?だから使者は人間とつながってはならん 個人的な感情に振り回されるな(使者ジュヌを諭す神の言葉)

20190728030701951.jpeg

やめてください 俺はすべて知ってたんだ 彼女が時間を操れることに気づいてました 一度だけ見逃してください 彼女は能力を悪用してないし本人が望んだ能力でもない 今回見逃してくれたら一生能力を使わせません 僕が能力を吸収します だから代わりに僕を消滅させてください (ソナが消滅される前に神に懇願する使者ジュヌの言葉)

ジュヌさん (私のために)苦しまないで(消滅する前のソナの言葉)

20190728030757c3e.jpeg

20190728030714ed7.jpeg

201907280307232ca.jpeg

20190728030732270.jpeg

あなたが憎いです 使者である自分も憎みます ですから僕を消滅させてください 消滅した彼女の転生は望めない 彼女のいない時間など無意味です (「お前は使者の任務を捨て仲間を傷つけた だが私にはお前を消せない」神の言葉)あなたはいつも自分勝手ですね 誰かを殺すのも誰かを救うのも 選択権など僕にはなかった 今回もお好きに その代わりこの地獄のような記憶を消してください この記憶を抱いては生きられません(神に記憶の消去を願う使者ジュヌの言葉)

人と人をつなぐ縁 それから記憶とは何か 永劫の時間を生きる私も分っていなかった 神である私でも2人の縁は切れなかったよ あのブレスレットには彼女の魂が入ってる だから転生が可能だった それだけじゃない 2人の幸せな記憶と悲しみも閉じ込められている それを知り私の過ちを正そうとジュヌの記憶を消し共に待っていたのだよ 彼女が転生してきた時は2人を結んでやりたかった 時間の能力を与えれば止まった時間が2人をつなぐと思ったんだ(「そうなるとブレスレットは?」神の言葉)分らん 神の領域を超えた産物だ あれが2人をつなぐだろう その反面過去の苦しみもよみがえる だからブレスレットを隠した(元神の骨董屋が神に伝えたジュヌとソナの話)

201907280307404f7.jpeg

流れる時間 その中で俺は何を知ったのか 取り戻した時間は彼女の体温と匂いが混ざり彼女の香りとなって俺の前に現れた そして今もあの場所を見つめているのは俺の時間がまだ彼女に向かっているからだ (記憶が戻ったジュヌが夢のなかで呟く言葉)

2019072803081195a.jpeg

201907280308231b5.jpeg

“人間の記憶”に“神の配慮”…運命だったんだよ すべてが だが2人の能力とあのブレスレット 危険なことに変わりはない 選択には責任が伴う どんな理由でもルール違反を見逃す気はない 消滅させる(神の決意の言葉)





2019-07-28(Sun)
 

『時間が止まるその時』のセリフを振り返る⑩

20190722014129547.jpeg

第10話はこんなにミョンウン・インソプ親子の話が長かったかな、と改めて見直して思いました。
能力を持つが故に一緒に暮らすことができなくなってしまうふたり。
最後は神に記憶を戻してもらい、親子の再会を果たします。

ここで明らかになるのはインソプの記憶力です。
何があっても消えるはずの記憶が残っている…それはこの物語の大切な語り手としての役割も担うようになります。

回想シーンで何度も姿を見せる使者ジュヌ。
おもちゃ屋だったり、ミョンウンの家だったり、能力者を消す使命を持つ使者ジュヌ。
その姿が素敵なのでたくさん貼り付けますね^^

仕事の時は表情を変えない使者ジュヌ。けれどもソナを想い出すと苦悩の表情に変わります。
それはまだ記憶の断片が残っているから。




第10話
どうして俺たちにはこんな能力があるのか父さんにもよく分からない でもそれを使うのは反則だ 目先の利益につられて能力を使うと誰かを不幸にするかも このミニカーは父さんが買ってやるから絶対に…能力を使ってはいけないよ(回想シーン:おもちゃ屋でのミョンウンとインソプの会話)

叔父さんは母さんを心配してくれるし おもちゃも買ってくれる 父さんは約束したって買ってくれないじゃないか 能力を使うのは反則だと言うけど 僕は反則してでも家族みんなで幸せに暮らしたいよ(回想シーン:家の困窮状態を涙ながらにミョンウンへ訴えるインソプ)

20190722014142fd6.jpeg

201907220141511c7.jpeg

20190722014205952.jpeg

20190722014216af8.jpeg

ところでジュヌさん 私たちを追ってきた人…あれは誰なの? なぜ執拗に追ってくるの?(骨董屋に避難してきたソナがジュヌに質問した言葉)

(「ところで誰に追いかけられてる?」と骨董屋に聞かれて)俺が聞きたい それから俺は誰なんです?教えてください 俺の正体を(骨董屋にジュヌが質問した言葉)

20190722014229002.jpeg

心配するな これは“宝探し”だ 骨董品は最後の持ち主が真の所有者になる だから これは俺の物で お前の物だ(回想シーン:インソプの能力を使って博物館から骨董品を持ち出したミョンウンの義弟の言葉)

そうして父さんは消え母さんも数日後に死んだ 優しい大家のおかげで僕は今もここに住んでる そういうことだ いくら説明しても誰も覚えてなかった なぜ僕だけ覚えてるのか それは分らないけどまた父さんに会えた それで十分だよ(ミョンウンに過去のことを話すインソプ)


20190722014246343.jpeg

20190722014254b4c.jpeg

20190722014304d38.jpeg

20190722014313810.jpeg

20190722014323bd3.jpeg

記憶を失ったのはお前の選択だった(骨董屋がジュヌに伝えた言葉)


201907220143331c4.jpeg

20190722014410bf9.jpeg

201907220144340c3.jpeg

20190722014443f5d.jpeg

20190722014454403.jpeg

20190722014506e0a.jpeg

201907220145159df.jpeg

20190722014523cfc.jpeg


(「全てを思い出したか?」ジュヌが仕える神の言葉)つらいんです いつまで続くのか いつまで…我慢すべきなのか (「辞めてもいい お前が選んだ道だ 耐えると言ったのも 私の下で働くと言ったのも お前自身だった 耐えるのもあと少しだ この先どうしたい?」神の言葉)もう一度お願いします (もう一度記憶を消して欲しいと訴える神の使者のジュヌの言葉)

だからここに住み始めた日すら思い出せないのですね もうひとつ聞きます なぜ俺は記憶を消してくれと?(「お嬢さんに会うためさ」ジュヌの質問に答える骨董屋)

このブレスレットは神の配慮だ 2人を再び巡り合わせる贈り物である反面 つらい記憶までも呼び起こす 私が話せるのはここまでだ 以前の縁を思い出せるかどうかは2人の選択に懸かってる(骨董屋がジュヌとソナに伝えた言葉)



ゆっくり見返すといろいろなものが見えて来ます。





2019-07-22(Mon)
 

『時間が止まるその時』のセリフを振り返る⑨

201907090156104e8.jpeg

第9話では最後の謎解きを残してほとんどの物語が登場人物のセリフによって語られています。
注意深くセリフを追って行けば、人々の関係が見えて来ます。

日本語字幕のジュヌの一人称「「俺」 ちょっと違和感があるんですが「僕」というと弱々しい感じになるし、ちようど中間くらいのニュアンスがぴったりなんですけどね。



第9話
人間にとって時間は絶対的なものだが 俺は神だ さっきも言っただろ このブレスレットが全ての元凶だな 
俺の質問に答えてみろ その能力はいつから使ってる?
(ジュヌ:あんたには関係ない)
あんた?怖いもの知らずな奴だ その態度を貫き通せるかな 今日はここまでだ また会うことになるから気を抜くな(ジュヌの部屋で初めて出会った神の言葉)

あいつは何も知らないよ 自分がこの世にいる理由も知らない(神が助手に言った言葉)

謹慎を解く代わりに時間の能力者を捕まえてくればブレスレットもやるよ だがブレスレットが原因で起こる問題に俺は責任を持たんぞ
それから時間の能力者の前に そばにいる女から捕まえろ その女とは話が長くなる(ブレスレットをほしがっているミョンウンへ交換条件を提示する神)

2019070901562090d.jpeg

このブレスレット 俺以外にも目をつけてる人がいる 昨日家に訪ねてきた人がいる (骨董屋に神の存在を話せなかったジュヌ)

もしも俺が二度とここへ戻らなかったら…(骨董屋:何かあったのか?) いいえ 酒はほどほどに(今までとは違うジュヌを心配そうに見送る骨董屋)

いつか来るだろうと思って待ってました ブレスレットとあの2人 今になって何をする気で? (先輩である骨董屋へ話す後輩の神の言葉)

20190709015717cbe.jpeg

20190709015727cf6.jpeg

201907090157377bd.jpeg

私たちを見ても全く驚きませんでした 長い時間こういう事態に備えていたようです(ミョンウンにインソプのことを報告する使者)

ドアを使って移動する能力者は何号室だ?(何かに気づいて後輩使者へ尋ねるミョンウン)

20190709015746bac.jpeg

20190709015757403.jpeg

20190709015808c85.jpeg

君も特別な能力を持ってるんだよな?(インソプ:さっき見ただろ)
俺にも能力が(インソプ:知ってる だからあいつらが追ってる)
やつらは何者なんだ?(インソプ:父さんがあいつらに連れていかれた あんたも気をつけて 掴まったら跡形もなく消される)
あいつらがソナさんを連れて行こうとした なぜだと思う?(ミョンウンたちから逃げてきたジュヌとインソプの会話)

なぜ父親の記憶があるんだ 俺の腕が落ちたってことか(インソプがミョンウンを父親だと気がついた場面を見た神の言葉)


ソナさん、1人で帰るんだ もう各自の道を行こう 面倒なんだ 俺といると君まで危ない あいつらは俺のような人間を消滅させるんだ 俺の能力では君を守ってやれない 元気でな (ソナ:行かないで 一緒に行くわ 置いていかないで )
俺の時間に入ったのを後悔したことは?(ソナ:一度だって後悔したことはないわ)

20190709015816aed.jpeg

201907090158251f1.jpeg





2019-07-09(Tue)
 
プロフィール

knob노부

Author:knob노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び記事の一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR