FC2ブログ

あなたがいたから

20191103002152241.jpeg

土曜日の夕方はジュニョンさんのInstagramのメッセージがとても嬉しかったです。
ぜひ、ここにもお借りしたいと思いました。

この投稿をInstagramで見る

Dear Henecia 4年前初めてGeminiツアーに参加したころを思い出します。 正確には5年前ですね、練習期間も含めて。 まだ他の人たちと親しくなく、お互いを知っていく時間だったと思います。 何よりもあの時はとても大きな舞台で公演をし、大きな規模のツアーを回っていたため 1日1日が手に負えず忙しい時期でした。 学んでいかなければならないことも多いし、慣れなければならない事も沢山ありました。 その時はヒョンジュン君と親しくなる為に、 時々部屋に座り幼いころ好きだった音楽や 今好きなものなどを話しながら時間を過ごしたりもしました。 ただ有名な芸能人だと思っていた彼は 意外にも私の学生時代と驚くほど似た音楽を聴いていました。 とても嬉しくて色んな音楽の話をしたりバンドや楽器に対する話をしました。 ある日は「僕はこんな会話が出来る友達があまりいないから、 今こんな会話をしているのが幸せだ」と言っていた事を思い出します。 心が痛かった反面、もしかしたらその時こうして心を打ち明けてくれたからより早く親くなれたのかなと思います。 その時から話していました。 「いつかは自分たちの音楽を作ろう。 可能であれば未来にMetalicaの様なシンフォニーコンサートを作ってみよう。」 その時はまだ夢のような話でした。 私は幼い頃から長い間音楽をしてきましたが、 当時はインディーズで少しずつ名を広げているバンドマンでしたから。 そうして数年が過ぎ私はヒョンジュンと共に音楽を作り、色々な夢を叶えていました。 すると数ヶ月前にシンフォニーコンサートに関する話が偶然でて、 ヒョンジュンは今がその夢を叶える時だ!と言いました。 実は私は少し心配でした。 もう少しゆっくり準備をした方がよくないか?と話したりもしました。 でもヒョンジュンが言いました。 「大丈夫、僕たちは絶対出来る。 今回の公演成功させて次はもっと大きなシンフォニーコンサートをしよう。 お前を信じ、バンドを信じているから一緒に頑張ろう」と。 なので本当に大変でしたが、本当に嬉しい気持ちで 編曲をし作曲をし公演の準備をしました。 バイオリズムツアー中にもずっと作業をし、帰国してからも止まらず準備に励みました。 大変だけど嬉しかったです。 20年前シンフォニーを夢見ていた少年の夢を叶えていくという事ですから。 バイオリン、チェロなどの音をつくりながら胸がドキドキしました。 一方、5年間一途にGeminiバンドを応援してくださるヘネチアの方々には 少し変わった、より感動的な舞台をお見せしたかったです。 個人的にはより良い公演をお見せしたかった部分で惜しい気持ちが大きいですが、 それでもこの5年の感謝の気持ちが伝わっていたら嬉しいです。 これからもヒョンジュンとGeminiバンドがより発展し より良い音楽、より素敵なライブをお見せします。 どれだけ凄いことが出来るかは僕たちもわからないけど! その旅に皆さんもご一緒していただけたら嬉しいです。 ありがとうございます。 JunHyung より

박준형(@juliadream_guitar)がシェアした投稿 -



201911030022063e3.jpeg


ジュニョンさんの気持ちが真摯に綴られて、リダとの関係もよく理解できました。
ジュニョンさん、ありがとう。
素晴しい音楽を聴かせてくれて。
GEMINIバンドにいてくれて。
リダと一緒に歩いてくれて。


はじめはバックバンド的な存在のGEMINIバンドでした。
GEMINIツアーのために集まったバンド、という位置付けだったと思います。
同じくらいの年齢のメンバを集めた、ってリダが言ってました。

その後リダが困難な状況に置かれたときにGEMINIバンドのメンバがサポートしてくれたことを知りました。
入隊の時は見送りに。
面会へも行ってくれました。
彼らはただのバックバンドじゃなかったんです。

INNER COREツアーが始まって、バンド名はどうなるのかと思ったら、やっぱりGEMINIバンドでした。
そうなんだ、あの時のままなんだと温かい気持ちになりました。

新加入のウンチョンさんがバンドの雰囲気を変えてくれたように思います。
前へ出てリダと絡んでくれるようになって、より楽しい雰囲気になりました。
始めは遠慮がちだったジュニョンさんも、だんだん前へ出てくるようになって。

今ではギターを頭上で弾くパフォーマンスはもちろん、ノリノリでリダと一緒にダンスもしちゃう。
リダがあっちへ行くと、こっちの客席で大ウケして、リダが嫉妬のまなざしで見るほどに。


Instagramは日本語でのメッセージでした。
日本のファンはそのことを心に留め置くべきです。
その言葉にふさわしいHENECIA JAPANになれたかな。

コンサートの回を重ねる毎に、リダだけではなくGEMINIバンドへの声援が大きくなるのが嬉しかったです。
アンコールは、キム・ヒョンジュン!GEMINI!
会場の声に、バックステージのリダも嬉しかったんじゃないかな。

公演の最後の挨拶にリダがこう言うんです。
GEMINIバンドでした!って。
それが端的にリダの気持ちを表わしていると思いました。

GEMINIバンドがいるから、
仲間がいるから、
この公演ができたんだ、っていう達成感が込められた言葉。



そして、リダの特別な友達のジュニョンさんへ。


”あなたがいたから、リダは夢を叶えることができたんです”



20191103002222063.jpeg

20191103002231e37.jpeg

201911030022421f5.jpeg





関連記事
2019-11-03(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

あんにょん💚 

 入隊前からのこといろいろ蘇ってきました そして泣けてきました このインスタに                    ジュニョン君の紹介で すんぎょさんがいつも穏やか って書いてましたよね ジュニョン君といるとリダも素直な気持ちで 話せるんですね ほんといい仲間 そしてファンにも寄り添ってくれる彼の人柄 そして何より素晴らしい才能  リダの言ういい人に巡り合う運がある その一人ですね          いつからだったか プロフィールのところに
*Gemini with KHJ
と 書かれるようになりましたね
その時 いい感じって思いました

リダとともに夢を叶えていける って 素敵だわ~

これからもGEMINIと一緒にいきま~~す もちろん(^^♪

2019-11-03 08:45 | つー | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-11-03 18:46 |  |    [ 編集 ]

Re: あんにょん💚 

つーさん、アンニョン。

いい出会いがあって良かったです。
リダにとっても、ジュニョンさんにとっても。
これから先も長いお付き合いになりそうですね。

リダが安心して曲を託せる人。
ケータイに吹き込んだ歌をカタチにしてくれる人。
音楽を語り合える人って大切ですね。
ジュニョンさんもリダがただのアイドル出身の歌手とは違っていたから驚いたでしょうね。
何だかドラマになりそうな出会いだわ。

つーさんは以前コメントで、リダが「GEMINIバンドでした」って言ったことをすごく喜んでいらっしゃいましたよね。
それがとても印象に残っています。

GEMINIとともにリダがどんな風に進化して行くのか楽しみです。
2019-11-03 23:54 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: また思い出してしまって💧 

鍵コメさん、アンニョン。

あの方はマネージャーさんなんです。
あれこれ話してくださいますよね。

私たちはリダメニューを完全無視して食べてましたけど~

リダは本当にいい人とと巡り会いますね。
そうでない事もあったけど。
それはリダが持っている人、だからなのでしょうね。

もう泣かないでくださいね。
これからは前だけを見て、楽しく行きましょう。
2019-11-04 00:00 | knob | URL   [ 編集 ]

心惹かれて 

こんな素敵な話やその事に関するペンの皆さんの言葉を沢山知りたいです。
まだ新人ペンにとって戻ってみることの出来ないリダやジェミニバンドの皆さんやペンが重ねてきた月日、その思い出は羨ましくもあります。
今までリダを大切にしてきた「皆さん」がいたから私はリダに出会うことが出来ました。
私にとって「皆さん」とはジェミニバンドのメンバーだけで無く、離れずにリダを支えたペンの方々やリダの友人含まれます。
ありがとう
リダに逢わせてくれて
私にとって「あなたがいたから」は
(リダ・ジェミニ・ペン)の皆さんです。
2019-11-04 21:48 | maromaro | URL   [ 編集 ]

Re: 心惹かれて 

maromaroさん、アンニョン。

素敵なコメントをありがとうございました。
こんな言葉を聞いたら、踏ん張って来たリダペンが喜びます。

ファンになって10年になりますが、半分ほどは楽しいだけの応援じゃなかったです。
それでもリダは元気と笑顔をくれました。
リダを失うことが怖くて、ここで応援を続けていました。

maromaroさんもいつか、後からくるファンの方にそう言われるのでしょうね。
あなたがいたから、って。
そんな日がすぐに来ますように。
たくさんの新しいファンが増えますように。
2019-11-05 00:57 | knob | URL   [ 編集 ]

プロフィール

knob노부

Author:knob노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び記事の一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QR