FC2ブログ

KIM HYUN JOONG Monthly Concert 'Prism Time' Violet~Utopia レポ

o1594096515010813761.jpg

7ヶ月に渡る長い旅の終わりに待っていたのは、私のUtopia リダでした。

Prism Time最後の公演、Violetを見ながら感じたことは、よりクオリティの高い内容だったということです。
いつも一生懸命全力を尽くすリダですが、更に内容が凝縮された気がしました。
うまく言葉にできませんが、そこにはいつもと違う何かがありました。
このままロックバンドとしてWORLD TOURしませんか?っていうレベル。

今回の会場は大学の講堂というだけあって客席が階段状の見やすい造り。
もしかしたらオフラインを想定していたかもしれませんが、それは残念ながら叶いませんでした。

HENECIAのために選んだ曲のセットリスト、その内容にも満足でしたし、
トーク少なめでメッセージは歌に込めて、たくさん歌ってくれました。
HENECIA JAPANを意識したの?って勝手に思い込み。
声が届いたかな、って。

サプライズプレゼントまで準備して、最後までHENECIAへの愛に満ちたPrism Timeでした。



KimHyunJoongThailand.jpg
credit:KimHyunJoongThailand



19:05

定刻を少し過ぎて、Violetのティーザー映像が流れました。

① Your Story(arrange ver.)

会場入りの時の後ろ姿は、襟足スッキリだったのに、いざ公演が始まってみたらこのヘアアレンジ。
左から右へウェーブの髪を流して。
髪が短くなったのでアートとマティックのイヤモニが良く見えました。
衣装はイメージ画像を同じ、コード刺繍の前身頃とストライプの袖と後ろ身頃。
胸に写真のプリントの白のTシャツの袖がジャケットから覗いています。
パンツとブーツは黒。
シルバーの太いチェーンと細いチェーン、六芒星のペンダント。
右薬指にシルバーのリング、ジャケット右肩下に安全ピン型のブローチ。
GEMINIはミョンイルさん以外は皆黒髪です。

背景にPrism Timeのロゴとステージ上部から7色のロープが吊り下げられ、あとはライティングのみのシンプルに美しいステージでした。
Violetのライトがステージを照らし、小さなスポットライトが花のように円を描きながら回ります。
心なしかGEMINIバンドも控えめな印象で、リダの存在が際立っています。


ビンナさんのキーボードで静かに始まるYour Story…心に沁みる名曲です。


TVdaily1.jpg


② 月と太陽と君の歌(Korean ver.)

ギターを持ち、歌が続きます。
ストラップのツバメはVioletですね。

淡々と、しかし力強く歌うリダ。
まだやや緊張した面持ちです。


ネ、こんにちは キム・ヒョンジュンです。
今日はPrism Time7ヶ月の最後の幕を下ろす日が来ました。
春から始まってもう冬、4月に始めて11月、厚い服を着て始めましたが、また厚い服を着ることになりました。
これまでたくさんの大変な時を経て、withコロナの生活になりました。
このように皆さんと非対面で対話するのが、悲しくも慣れる時間になったようです。
コロナはあってはならないことですが、僕たちが当然と考えていたことが大切な事だったと感じさせた時間でした。
Violetの主題はユートピアです。
ユートピアは希望という意味もあります。 これからは希望的な事しか残っていないようです。そうですよね?
最後の公演なのですけれど、コロナ禍があったので当然と思っていたことがあるじゃないですか。
人と会って、飛行機に乗って、そういうことが大切なんだと感じる時間でした。
2年近くコロナで、再びこのような事はあってはならないですが、僕たちが忘れて生きていた事をもう一度大切に考えてみる時間になったのなら嬉しいです。
今日もたくさんのファンの皆さんが(チャットを見ながら)いらしてますね。
髪が良いですか?(左右横顔を見せてくれる)
オッパ、ブラックスワンみたい?
続けて歌を聴いていただくんですが、One More Timeをお聴かせします。


③ One More Time(arrange ver.)

Greenのマイクに両手を添えながら歌うリダです。
静かなギター演奏に絡む、まるで鼓動のようなパーカッションが印象的です。
間奏で手渡されたカスタマイズしたストラトを演奏しながら歌います。


o0658092215027487722.jpg


④ 행복이란~幸せとは(arrange ver.)

再び臙脂のピッガードのGibsonに持ち替えます。
Prism Timeで印象に残ったアレンジ曲のひとつです。
リダの愛を感じるメッセージが込められた曲。
幸せとは、”Happiness is not far away”
この曲はいつまでも私を支えてくれる曲になるでしょう。


ネ、 One More Timeそして、행복이란を聴いていただきました。
행복이란の最後にメッセージがあります。
この2曲を一緒に歌った理由は、 One More Timeは僕たちの人生から二度と戻って来ない今日の夢と大切さを意味する歌です。
행복이란は”Happiness is not far away”僕たちにとって幸せは遠くないことをお伝えしたいと思ったんです。
ですよね?
話はいいから歌って、って?はい(笑)
1ステージ、1ステージ胸がじーんとします。
withコロナの中で非対面で、コンサートをいつまでこんなに長くやるのだろうかと。。
僕は皆さんに幸せを差し上げることができましたか?
希望を差し上げられない人になったことは一度もないと思うし、これからはどうやったら幸せにしてあげることができるだろうか、僕と僕のスタッフすべての人たちにとってもっと温かい人となる方法を考えます。
僕にとって理想的なユートピアは、毎日が幸せで毎日が笑顔になる人になることです。
皆さんはいつも遠くに幸せを見つける必要はありません。
周囲の人は皆幸せなので一番近い所に幸せを見つけることを願っています。
この時間で7ヶ月の全てをお見せします。
胸が痛いですか?
雰囲気は良いでしょう?
ミョンイルヒョン、挨拶をお願いします。
(ミョンイルさんが大きく手を振る)
今日、僕はこのステージに上がる前に覚悟を決めて来たんです。
僕のすべての7ヶ月をこの1時間半に注ぐように。
一曲一曲大切に、僕たちが編曲してきたすべてのものをもっと丁寧に歌って差し上げます。
次の曲は皆さんが好きな曲、Love Like This


⑤ Love Like This(arrange ver.)

身体を揺らしながら笑顔でマイクを握り歌うリダ。
指差しながら、頷きながら、飛び跳ねながら。
for you!
for you!
カメラにアピールしながら指差し、ファルセットが良く出ています。

o0800115715027456412.jpg


⑥ Bark Matic

完全にスイッチが入ったリダはノリノリです。
左手で髪をかき上げるリダ、ジャケットをはだけながら、キム・ヒョンジュンのロックの世界を繰り広げます。

ウンチョンさんとジュニョンさんのファンキーなギターのリレーに応えるようにステージに火柱が上がります。
これまでのステージよりも奥行きがあるので可能になった演出のようです。
続けて次の曲へ


⑦ I'm Million

火柱の上がる中、ロックなナンバーが続きます。
画面の両端に映る誰もいない座席が寂しい。
そんなことを露とも感じさせないリダの熱いパフォーマンス。

はぁはぁ、歌い終わってよろめきながら大きく息を吐くリダ。
ウンチョンさんが「大丈夫?」と声をかけます。
もう髪はすっかり乱れてしまいました。

最後の公演だから、
(髪を手で押さえながら)髪、大丈夫ですか?
髪が乱れました。
いい雰囲気のまま行きましょう。
(ジャケットをはだけて)このように脱ぎましょうか?(笑)
ギターをください。
(レスポールをチューニングする姿がまた素晴しい)
家で叫んでください。
次の曲は、Do you like that


⑧ Do you like that(arrange ver.)

6本の火柱が吹き上がる首を前後に揺らしながら気持ち良さそうに歌うリダです。
本当に楽しそうで、気持ち良さそうで。


⑨ Lucky Guy(Violet ver.)

ヘヴィーなイントロで始まるアレンジバージョン。
ゆったりとしたテンポに合わせるように遠くを見る眼差しは悩ましくSexy。
そしてドヤ顔でステージを支配する神。
足元にスモークが流れ、妖しい世界を彩ります。

リダを中央にジュニョンさん、ウンチョンさん、3人のギター演奏が素晴しい。
…ヤバイ、ってこういうこと。


o0800055515028114166.jpg



⑩ 물구나무(逆立ち)

ジャケットを脱いで、白の長袖Tシャツ白鳩のGibsonで歌うリダ。
カメラ目線のリダが見つめて来ます…


~ブリッジ映像~


⑪ 이별(別れ)

事前収録。
ジャケットを着て袖をたくし上げたリダとアコースティックギターを奏でるウンチョンさんがスツールに腰掛けが静かなステージです。
囁くような切ない歌声が心に響きます。


⑫ Re:wind(Korean ver.)

暗転し、再びジャケットを羽織ったリダが白鳩のGibsonを手に現れました。
たくさんの日本のファンが一緒に歌ったでしょうね…
一緒に思い出を作った日々を振り返りながら。

TVdaily2.jpg


ネ、あー、はぁ。
皆さんのコメントを読んでみますね。
「たくさん感動しました」「アメリカへ来てください」行けるようになったら。
”Love Like This”から”逆立ち”まではすごく走って、急に悲しい”別れ”そして”Re:wind”韓国バージョンでした。
GEMINIバンドの皆さん、挨拶をお願いします。ソヒョンさんから。

(左手で頭越しに右側頭部を撫でながら)ん~~
空の観客席で歌うのがまったくぎこちないです。一方で心配なのは皆さんが僕たちを忘れてコロナが終わったのに空の観客席で歌う事になるんじゃないかと(笑)
全世界でファンの皆さんがメッセージでたくさん待ってくださっているので、一日も早く訪れたいです。
実際に会ったら初めてのように、ファンの皆さんに狂ったところをお見せするでしょう。
キム・ヒョンジュンはこんな人だったのか、と。
そして今回…突然なんですが…お~~(視線を長い時間右上にやりながら)この歌は何と説明したらいいのかな、皆さんに久しぶりに会ったら、昨日会って昨日別れたばかりみたいな感じ?あ、元気?みたいな。
今日は雨ですか?明日?
最後の公演でお聴かせする小さな告白です、포장마차에서聴いてください。


⑬ 포장마차에서 /屋台で(arrange ver.)

ホーンセクションが入って、屋台でのイメージを変えてくれました。
表拍で、前へ進んでいくイメージです。


o0600045115027475407 (1)


⑭ WHY(arrange ver.)

熱く歌うリダの姿をこの目に焼き付けておこうと思いました。
まるでミュージカルを見ているようなリダでした。


お腹が痛いです。
一生懸命歌ったので、あー、お腹が痛くなりました。
あー、痛い。こんなことは生まれて初めてです。
(ソヒョンさん:ワールドツアーまでに運動が必要ですね)
ファンの皆さんが「オーマイガッ」「ブラボー」
”LOL”って何ですか?
(GEMINI:Laughing Out Loud 大声で笑う、です)
「ウインクしてください」ウインクするタイミングがありましたか?
ブラジル、ペルー、ボリビア、日本、カナダ、台湾、トルコ、トルコに行ったらアイスクリームを食べたいですね。
タイの食べ物、なんでしたっけ?ポップカン?フォーはベトナムの食べ物ですか?
最後の挨拶をするんですが、7回のPrism Timeコンサートはアーティストとして成長するきっかけだったと思います。
僕にとってコロナは悲しい時間ではありませんでした。
久しぶりにキム・ヒョンジュンに会ったら、ファンの皆さんがあの人あんなに熱心に音楽していたの?と思うくらいに。
皆さんもとても頑張って耐えてくださったことを感謝しています。
今回の公演が終わったら本当に実際に会うんです。
この歌は皆さんに、歌手キム・ヒョンジュンとバンドを待っていてくださったこと、コロナで2年余りたったら、あ-あの時はそうだった、という想いが浮かぶと思います。
心からの”ありがとう”とA Bell of Blessingを感謝の気持ちで。
聴いてください、고맙다。


⑮ 고맙다/ありがとう(arrange ver.)

ビンナさんのキーボードで歌が始まります。
すべての歌詞がHENECIAへ向けられているような気がします。

※20:42 HENECIA TwitterでスポーツTODAY記事配信


⑯ A Bell of Blessing (arrange ver.)+ホシゾラ(Korean ver.)

キーボードで静かに始まり、時々目を閉じながらリダが歌います。
どうぞ彼に祝福がありますように、と願わずにいられない気持ちになりました。
永遠に~の部分からホシゾラになる凝ったアレンジで聴かせてくれました。

もう本当に終わりですね。
今日の公演は皆さんへ希望と情熱、心からの慰労、愛を惜しみなくお届けした公演だったと思います。
実は1ヶ月に1回、7回の非対面公演は簡単ではありませんでした。
多くの方々が助けてくれなかったら奇跡のような7回の公演はなかったかもしれません。
すべてのスタッフ、GEMINI、ファンの皆さんに心から感謝したいと思います。
ありがとうございます。
今日のために必ずお聞かせしたかった話、歌がたくさんありますが、どう表現するのか考えて、歌でこの気持ちを表現することにしました。
最後に歌う新曲は、Prism Time、僕の真心と慰労の意味を込めました…ありがとうございます。
(こみあげるものがあるリダです)
アーティストとして皆さんのために歌い続けます。
皆さんの愛が地球の果てで、小さな火種となって消えない限り、心を込めて歌をお届けします。
すべてのスタッフの皆さん、ファンも皆さん、そしてバンドの皆さんへ捧げます。
”PRISM TIME”お聴かせします。


⑰ PRISM TIME(新曲)

モノクロで始まった映像に、やがて色が付きました。
優しく暖かい曲です。
公演後すぐにYouTubeでアップしてくれました。
最後にはプリズムカラーのライトがステージを照らし、祝福の鐘が鳴り響く美しいエンディングです。


新曲のPRISM TIME、皆さんへの最後の曲でした。
最後の鐘の音は皆さんのための祝福の音でした。
ずっと止むことのない、歌詞にあるじゃないですか、止むことのない。
Violetで7回の公演は終わりますが、悲しまないでください。
残念ですが、僕らはもっと公演をまたやらなければならないので、惜しむ暇はありません。
皆さん、また不幸なんです。
もうチケッティングしないといけないじゃないですか。
さあ、最後の挨拶をしましょうか?
あ、挨拶はやめて(ジャケットを脱いで)Lucky GuyをやってPrism Timeを楽しく終わりにしましょうか?
チャ、皆さん、準備できましたか?
最後の3分30秒間で終えたいと思います。
準備できましたか?
家で変な人になっちゃってください。
ここまでキム・ヒョンジュンとGEMINIバンドでした。
そして皆さん、7ヶ月の間、ありがとうございました。
皆さんのすべての未来に祝福があることを願っています。
God blss you!
最後の曲です!


⑱ Lucky Guy

いきなり始まるリダの無茶振りに周りは慣れたもの。
途中カメラを手にするやんちゃまで。
長いPrism Timeの日々から解放される瞬間です。
派手に吹き上がる火柱とGEMINIダンサーズも花を添えてくれました。


NEW WAYのインスツルメンタルが流れる中、ふーっと息を吐き腰に手を当ててステージを歩くリダ。

ありがとうございました。
一緒に挨拶しましょう、ほおっ(満面の笑み)
大丈夫です(花束を受け取る)
7ヶ月の間、苦労してくださったファンの皆さん、スタッフの皆さん、GEMINIバンドの皆さん、ファンの皆さん、心から感謝しています。
また皆さんに実際にお会いできる日まで、もっと嬉しい気持ちで待ちたいと思います。
皆さん、ありがとうございました。


20211106 ending


21:05 終演



2021.11.06 延世大学 百周年記念コンサートホールにて





そして最後にリダから手紙が届きました。


とても長い時間でした。
でも、この苦しい試練の中で僕が悟ったことをいくつかを話してみようと思います。

僕たちは、すべての災いの前で、ただの力のない弱い存在だということ。
そして、それほど素晴しい人生を送ってはいないということ。
だからもっと僕たちの出会いと愛が、何ものにも代えられないほど最も尊い価値だということ。

ですからどんな試練がやって来ても、後悔しないくらい一生懸命、皆さんのために音楽を作り、その音楽の中に僕の愛と真心を込めます。

今回のコロナの事態で再び気づくことになった皆さんの大切さを胸の奥深くに大切にしまい、これからまた違う新しい道を歩みたいと思います。

奇跡の鐘を鳴らしながら…

김현중





この7ヶ月間はPrism Timeに彩られた幸せな日々でした。
終わった公演の思い出を反芻しながら、次を待つ楽しさを味わってすごしていました。
最後の公演が終わった後に、リダは新曲を贈ってくれました。
ありがとう。
この曲を聴きながらリダの想いを胸に深く刻みます。
また逢える日まで…





関連記事
2021-11-07(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

knob노부

Author:knob노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び記事の一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR