FC2ブログ

HALLYU MAGAZINE インタビュー記事

20230203 blog 韓流マガジン

久しぶりの雑誌の表紙のリダ♡♡♡
こんなリダに逢いたかったんです…

紙媒体ではないけれど、web magazineではあるけれど、
こんなリダに逢いたかったんです…

リダのワールドツアーや音楽に特化したインタビューです。
日本でのインタビューのような内容。
そして英語表記。

韓国語でこういった内容が出ないのは何とももったいない話です。
リダは韓国音楽シーンの財産なのに。

韓流=K-POP=アイドル の構図だけが独り歩きして、バンドミュージックが育たない韓国の音楽シーン。
リダがパイオニアになるといいです。
それにアイドル出身なんですもの、両方の世界を知るこれ以上の人材はないと思います。
踊れるロッカー キム・ヒョンジュン♪
そして何より彼が創る曲とパフォーマンスが素晴しい。



ここから⇒HALLYU Magazine No.78 Published on Feb 1, 2023


<インタビュー翻訳>

肌寒い夜にネバダ州ラスベガスの教会会場の入り口に向かって歩いていると、
シンシティだからこの組み合わせが合っていたらしい。
ビルの入り口が見えてきたので、ドアのすぐ内側に賑わいが見えます。
ありそうにないように見えたが、それはキム・ヒョンジュンのコンサートだった。
このコンサートは、キムの最初のソロ ワールド ツアーの一部です。 これは、米国での公演の1つでした。
コンサートホールに入る前に、テーブルに集まった人々がリストバンドを付けている様子を見ることができます。
2005年にアイドルグループSS501でデビューしたキム・ヒョンジュンは、2011年に初のソロアルバム『Break Down』をリリース。
彼はまた「花より男子」「イタズラなkiss」などいくつかのドラマに出演し、2010年代初頭に彼を世界的スターダムに押し上げた。
コンサート会場内では、さまざまな層の多様な聴衆が、ショーの開催を期待して熱狂した。
キムはギターを持ってステージに上がり、大きな歓声を上げた。
2番目の曲は最初の曲の直後に始まり、キムは披露した。群衆を熱狂させた笑顔。
彼はそれを彼の完璧なボーカルと結びつけた。 キムが観客と交流するために立ち止まった時、コンサートホールがツアーの意味を助ける教会にあるので、彼はラスベガスでのショーにもっと愛着があると話した。
その感情ははるかに強かった。
キムは、英語と韓国語の両方の曲でショーを続けた。
一曲一曲の歌詞の盛り上がりはキムのコンセントであり、、彼は彼が望んでいた種類の音楽を作成し、型にはまった境界に固執することがなかったので、各曲の高揚する歌詞は多くの意味を持っていた。
キムの天使のような声に癒され、ギターの滑りに癒される前に、韓流マガジンはキムと一緒に座ってアーティストに追いつく機会がありました.。
会話の流れを見てみましょう。

HM: あなたの音楽的影響/ロールモデルは誰ですか?
KHJ: 私にはたくさんのロールモデルがいますが、オアシスは私に多くのインスピレーションを与えてくれました。

HM: グループでのパフォーマンスとソロ アーティストとしての最大の違いは何ですか?
KHJ: 私がグループとしてパフォーマンスしていたときは、パフォーマンス面がより重要でした。 華やかさとクールなイメージを演出。 ソロアーティストとして、私は悲しい感情であろうとエキサイティングな感情であろうと、自分自身を表現することができるので、より個人的なレベルです。

HM: パフォーマンス中の最も記憶に残る瞬間は?
KHJ: すべての瞬間が私にとってとても感動的でした。 このツアー自体はとても思い出深いものですが、毎回ショーの冒頭でバンドメンバーと一緒に初めてステージに上がるたびにそう思います。

HM: アルバムの中で、あなたを最もよく表している曲は?
KHJ: それは私にとってとても難しい質問です。それぞれの曲は、それぞれの曲が作成された日と時間によって異なる感情を持っているからです。


HM: インディアン ピンクでのあなたの役割に惹かれた理由は、あなたが過去にやってきたこととは大きく異なるからです。
KHJ: ただキャラ自体が違う気がします。 私は演技に戻りたいと思っていましたが、以前にやったドラマよりも映画に戻りたいと思っていました. ストーリーもキャラクターも違う役だったので、それを演じてみたかった。

HM: この役であなたが抱えていた挑戦から何が生まれましたか?
KHJ: 私は自分の中にその闇を持っていないので、それを引き出してみることは新しい経験で衝撃的でした. もし自分とは違う役を演じるとしたら、そのキャラクターを育てるために一生懸命努力しなければなりません。 私もそれを制御することに取り組まなければなりません。

HM: 携帯電話以外の必需品は何ですか?
KHJ: 無人島で考えるならギターじゃなくて。

HM: 人生とキャリアにおいて、将来、最も楽しみにしていることは何ですか?
KHJ: たくさんあります。 もっとアルバムを出して、違う役を演じられるようになりたいです。 プロデュースにも携わりたい。


この瞬間を彼と彼のファンと共有することを許可してくれたキム・ヒョンジュンと彼のチームに感謝します。
私たちは皆、彼の将来の努力を楽しみにしており、次のプロジェクトで彼に再び会えるのを待ちきれません





関連記事
2023-02-03(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

knob노부

Author:knob노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び記事の一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QR