FC2ブログ

23/24 KIMHYUNJOONG WORLD TOUR 'RISING IMPACT' in CHILE トーク日本語訳

20231104 blog

夜になってSNSに次々動画や画像がポストされています。
リダの元気な姿を見ることができて嬉しいです。
休みなく続くブラジル公演ですが、良い時間がすごせますように。


ワールドツアー・チリ公演のトークを書き起こしてくださいましたので、日本語に訳してみました。
ありがとうございます。

ここから⇒20231102 KIMHYUNJOONG WORLD TOUR 'RISING IMPACT' in Chile 공연 기록


F9_9LURXMAAYyOd.jpg


公演開始 11/02(木) pm 8:30 (チリ時間)
公演会場 Teatro Coliseo

(メンバーが舞台に登場して座ってBGMに流れていた'I'm A Million'が止まるとすぐにスクリーンにアニメーションが始まります)

1. 悲야 [A Tearful Rain]
(歌の途中でも終わっても観客は'Te amo'と'愛してる'叫び続ける)


2. 날 사랑하게 만들거야 [Cupid’s Arrow]
(最後のサビ前)さあ、ララララ!


3. Your Story
(ファンからの絶え間ない歓声) Hola! Hola!!!
(今まで以上に大きな声で、ファンの皆さんと一緒に「うぉぉぉ~」)


4. 사계 [四季/Four Seasons]
(ギターの伴奏しながらファンたちを見ると、前回チリ公演でも歌った'mijito rico'を合唱します)

Hola~久しぶりです。
まだ1年しか経ってないでしょ?
この瞬間をずっと待っていたんだと思います。
こうして地球の裏側からまた皆さんに会うまでが、こんなに大変なことだとは思いませんでした。
いつも韓国で皆さんのことをずっと考えていて、また会う日を心待ちに音楽作りに励んでいました。
こんなに難しく再会しただけに、今日の皆さんに忘れられない一日をプレゼントしていきます。
はい、今日本当にここにいる皆さんに愛していることを本当に伝えたいです。
Te amo [愛してる]


5.Why


6. 널 지워간다 [君を消していく/Life Without You]


7. 제발[Please]


8. Paradise
(椅子に座る)
そう、ああ、チリ!
チリの街を眺めていると、すごく綺麗な山が見えましたよ。
私はよく分からないが、それがロッキー山脈と呼ばれていますか?アンデス!そうなんですか?
このように韓国では見ることができない雪に覆われた高山をこんな風に見ると、
チリの人々の目がなぜこんなにも暖かく澄んでいるのか、よくわかりました。

チリといえばワインで有名ですよね?
ああ、本当に深いワインのように、チリのファンの皆さんも深い心と温かい目を持っていると思います。
だからそうか舞台で皆さんを眺めれば、
私まで心が暖かくなるようです、皆さんの目を見て。
まるで皆さんを見ていると夜空の星を見ている気がします。
皆さんの目を夜空だと思い、
皆さんの大切な星座に一度出かけてみたいです。
私の心は皆さんのこの客席の間をさまよいますから、それを感じてください、
Next song is 'Song for a Dreamer'

9. Song for a Dreamer


10. Shine


11. Bark Matic
(観客から手渡されたチリ国旗を方に担ぐと客席は歓声を上げる)チリ!
(チリの国旗の肩にかけ、舞台を左右に闊歩しながら歌った。
「I'm A Million」から続く「ビングルビングル」まで、ステージも客席も熱狂的なシーンに包まれていた)


12. I'm A Million


13. 빙글빙글 [Binggle Binggle]


14. Instrumental Session


15. Green Light


16. SO WHAT


17. Hello My Daddy

はい、楽しいですか?はい、私もとても良かったです。
ここから2階にいる皆さんも見えます。
というわけで、1階から、1階に負けないよう、もっと熱い応援をお願いします。
~~そうでしょう?
ジュンヒョン、ひと言 言いますか?
ひと言お願いします。

(ジュンヒョン:Hola。久しぶりにお会いします。1 年ぶりですよね?
皆、もっとかっこいいですよ。皆さんのおかげで最初のツアー公演がもっと盛り上がると思います。)

ええと、1年ぶりに一緒になったので、この1年はたくさんの幸運と苦労があったに違いありません。
私が苦しんだ時、あなたはそれを乗り越えるのを助けてくれました。
愛する私たちの家族の皆さん、仲間の皆さん、そしてヘネチアの皆さんではないかと思います。
あなたは私の人生のオアシスのような存在です。 いつも私が疲れないように、 私が乾かないようにいつも~~~
Next song is 'Oasis'

18. Oasis


19. My Sun
(客席でなファンが用意したヒマワリや風船があちこちから上がっています。)


20. You are a Miracle

どうもありがとうございます。
うーん、今日は時間が経つのもわからないし、あっという間に時間が終わりました。

ラテンアメリカツアーの始まりは、わくわくするのと同時に緊張するような感じでした。
皆さんの温かい歓声と私たちのときめきが組合わされて、
幸いなことに、この短くて長い時間がとても短く感じられました。
(客席の皆さん、愛してます! Te amo! I love you!)
~皆さんが~私を~続ければ~
あなたへの愛する気持ちは変わることなく、あなたがいつも私を覚えていることを願っています。

これが最後です。
ええと、今度は最後1つを走ることについてです。
ここにいるすべての人が幸せになる呪文を一度開きます。
一緒に魔法の呪文を唱えて楽しみましょう。
さあ、準備はいいですか?Expecto Petronum!


21.Expecto Patronum
(間奏部分では、客席前方に近づき、ファンに直接アプローチしました。
「Chile」という文字が刺繍された白いボールキャップを渡され、頭に被せました。その後「 담벼락 [Childlike]」が終わるまで帽子をかぶったまま歌います。)


22. 담벼락 [Childlike]

はい、今日はありがとうございました。皆さん!


23. A Bell Of Blessing
(曲の途中で客席に近づき、ファンからハンドベルを受け取り鳴らした。
曲の後半途中、叫び続ける)

Thank you so much, Chile!
I promise you! See you next Time!
Thank you so much.
I love you! Te amo、Chile!

God bless you! you!!

God belss you, Chile! See you next time! Thank you so much!

(曲が終わると客席で再び「mijito rico」を合唱、HJもそれに応えて拍手と歓声を上げました。)


はい、今日チリにいる皆さんにお会いしました。
地球の裏側、地球のの半分の道のりはたどり着くまで長い旅でした。
後悔はしていません。
後悔はしていませんし、チリに戻れたことにとても感謝しています。
(通訳中にステージ左側に行くと、ファンがカスタムジャケットを手招きします。
投げられたジャケットを受け取り、ファンがくれたジャケットに着替え、チリの国旗もまた拾って)

そう、ラテンアメリカ最初の始まりはチリで始まったのですよね?
チリヘネチアファンの皆さんの良いオーラを受けて、はい、
今回のツアー成功裏に終えて帰ることができると思います。
皆さんに約束一つだけさせていただきます。
私が音楽をあきらめないその瞬間まで、皆さんを忘れずにまたチリに戻ってきます。
私が音楽をやめるというのはすぐにないことですから。
私が生きている間、毎年皆さんの前で歌います。
またチリでまた会えることを祈っています。
(国旗を広げて)Te amo、Chile! God bless you!!!

(メンバーの舞台中央に出てファンと団体写真を撮る)

さあ、See you next time!
最後に挨拶しましょう。
Gracias, Te amoにしますか?
1、2、3! Gracias, Te amo!!!
(大きくお辞儀して、BGMに合わせて「Bark Matic」ライブで歌いながら、立ち上がって踊り続けました。彼は最後の挨拶も歌詞を変えて歌いながらキスをして退場。)
♬See you next time Chile, See you next time Chile, understand~


終了 pm10:40




*以下の映像を元に記録しました。ビデオを残してくれたファンの方々に感謝します。
https://www.facebook.com/100050501199156/videos/2299565633575514
https://twitter.com/illublue

* 叫び声でトークがよく聞こえない部分はまず~~処理しました。後でもう一度修正します。

*「裏調査キム・ヒョンジュン」の投稿を埋め込んだり引用したりするときは、必ず正確なソースとリンクを明らかにしてください。





関連記事
2023-11-05(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

knob노부

Author:knob노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び記事の一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QR