FC2ブログ

《カヴァレリア・ルスティカーナ》から 交響的間奏曲

Behind2020061214.png

静かな火曜日でした。

frommは90日目を迎えました。
寒波到来のソウルでリダは忙しくしているのでしょう。
便りの無いのは良い便り。

日韓公式からもモバイルからも情報はなし。
だから今夜は大好きな動画を貼っておきますね。


一昨日配信されたTVer「のだめカンタービレ第8話」(2006年フジテレビ)のラスト5分で流れた「バーバー: 弦楽のためのアダージョ Op.11」に泣いてしまいました。
千秋先輩が過去のトラウマと向き合い、のだめによって解放される良いシーンでした。


ご紹介するのは「マスカーニ - 歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》から 交響的間奏曲」
映画やドラマで使われているのでご存知の方もいらっしゃると思います。

歌劇の内容は置いといて…
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン、演奏:ベルリンフィルハーモニー管弦楽団

02:00からの重厚な演奏と大きなうねりのようなタメが心を揺さぶります。
同じ曲を演奏しても指揮者によって表情が変わりますが、私は重めのカラヤンの指揮が好きです。


credit:北海太郎


リダの曲もこれらの曲たちと同様、それ以上に私に寄り添いチカラを与えてくれる大切な存在です。




関連記事
2024-01-24(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

knob노부

Author:knob노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び記事の一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR