FC2ブログ

Ed Sheeran +-=÷x(mathematics)Tour 2024 in TOKYO DOME

niconico surprise6

1月最後の日、東京ドームで開催されたエド・シーランのmathematicsTour 2024へ行って来ました。
大阪で2回開催後、東京では1回限りの公演です。
人生初のエド・シーラン^^

来日公演を知ったのはチケットのエントリーが終わった後でした。
チケットサイトを覗いていたのですが、本人確認(ドーム開催で現実的ではありませんが)や同行者と同時入場、とかちょっと面倒だなと思っていて。
そんな時、ふと思いついて公式サイトへ行ったらリセールが出ていたので行くことを即決。
それが5日前。

東京ドームなんてどこから見ても豆粒だから(笑)一番安い席でいいや、って。
それでも定価16,800円+手数料2,000円

AnyPASSというアプリをダウンロードして必要事項を入力し、カード決済すればOK。
シートナンバーは前日15:00に知らせが来ました。
入場時はスマホでQRコードを提示するだけです。

20240131

20240131 2

20240131 3

開場30分前の16:00に水道橋駅到着。
グッズ販売は恐ろしいほどの行列でした。
それを横目で見ながら入場ゲートで待機。

20240131 4

2階3塁側 ドーム天井に近い場所でしたが、ステージ正面で視界を遮る物がなく、とても見やすい席でした。

20240131 5

ドーム中央にしつらえた丸いステージは、周りが回転します。
どこからでも見えるように工夫されています。
このセットはオープニングアクトのカラム・スコットのステージ。


エド・シーランのステージは基本、ルーパーペダル(多重録音機材)とギター1本だけ。
なので東京ドームが巨大なバスキン会場になったような感じでした。

時にしっとりと歌い、静かに耳を傾ける日本の観客を褒め、
英語でトークしまくり、観客にスマホのライト点灯を指示したり、コーラスを仕切ったり、時にステージを走ったり。

18:30に開演し、21:10の終演まで27曲+メドレーをほとんど休まず歌い続けたエネルギッシュなステージでした。
アンコールは東京ドームでの開催ゆえのジャイアンツのユニフォームで登場。

公演後半に能登地震への哀悼のメッセージの後、目の当たりにしたサプライズ。
これには会場が沸きました。
親しい日本の友人、ワンオクのTakaの登場です。
声質が似ていますよね。
ふたりで歌う 『Wherever you are』が聴けて嬉しかったです。


credit:knob1013


アンコール2曲目は思い出深い曲です。

20240202

2018年8月ソウルで行われた「時間が止るその時」ファンミのオープニングで使われた曲です。
当時、私は誰の曲かも知らずただドラマのイメージに合った曲だと思っていましたが、実はエド・シーランの曲だということをコメントで教えていただきました。

ここから⇒『時間が止まる瞬間』 ファンミレポ①

『Shape of You』

credit:knob1013


心地良い余韻の残る空間を共有できました。
足を運んで良かったです。    




関連記事
2024-02-02(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

knob노부

Author:knob노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び記事の一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR