FC2ブログ

映画『ゴールデンカムイ』

o0480080013496025980 - コピー
※画像は記事に関係ありません

日曜日は韓国語のレッスンがいつもより早い時間に終わることになったので、せっかくならどこかへ行こうと思い渋谷で映画を見てきました。
金曜日に予約して行ったのですが、当日はほぼ満席でした。


評判の高い映画『ゴールデンカムイ』
漫画が原作なので、実写化する時のキャストであれこれ記事になっていたのは頭の隅にありました。
でも原作を読んでいないし、ほぼ真っ新な状態で楽しむことができました。

20240211 5

映画が始まるまで少し時間があったのでLOFTとIKEAを覗いて、結局何も買わず。
シンフォニー公演に着る予定の服も準備してしまったし。
…渋谷で服を買うことはないし。

いつものように道玄坂のロッテリアでエビバーガーとオレンジジュースを買って2階へ。
ここは個食に適したテーブル配置なので、日曜日の昼間も空いています。
バーガーを食べ終わってから、宿題をやったり←学生みたい(笑)

20240211 4

座席前が広い通路の真ん中の席だったので、とても見やすかったです。

映画は映像も大事ですが、音で映像のイメージが変わりますね。
音で怖さが増すし、美しさも輝くし。


「不死身の杉元」は敵を倒して生き延びたからついた名前。
その戦いは人間の欲が根源にあるもの。
一方アイヌのアシㇼパは生きるためにヒグマを倒し、無駄なくその恩恵を享受する対極の存在。
そんな対比の中で、杉元の思いが変化していくのを感じました。
違和感があるほど杉元は自分より年下の彼女に敬意をこめて「アシㇼパさん」と呼んでいました。

アイヌ語はあえて字幕を付けず、大事な台詞はパンフレットに書いてありました。
登場人物(主に軍人)がアップで映った時に、皮膚のザラザラ感がすごくリアルにありました。
俳優さんはふつう綺麗な肌だから。
その答えもメイクを担当したスタッフのインタビューにありました。
読み応えのあるパンフレット、購入して良かったです。

脚本が黒岩勉さんであるということを見終って知りました。
はからずも黒岩作品を続けて見たことになります。
大きな作品をいくつも描くことはすごいですね。

全31巻の中のまだ3巻分しか映像化されていないとのこと。
それだけ丁寧に描かれていたと思います。
この先いつまで続くのでしょうね。

それにしても映画を見るたびに感じるのは俳優さんは素晴しいということ。
やはり秀でたものがある人たちなんですよね。

映画が終わって退場する時に後ろの20代とおぼしき女子2人の会話。
「鶴見、イメージ通りだったね」
「二階堂も良かった」
…そうなんだ~(笑)←ふむふむ


20240211 2

大ヒット御礼で2/10から配布の作者野田サトル氏書き下ろしのアートボードをいただきました。


公式サイトはここから⇒映画『ゴールデンカムイ』公式サイト


credit:東宝MOVIEチャンネル



渋谷TOHOシネマズ1階に、クリスピー・クリーム・ドーナツがあるので、引き込まれて入ってしまいました^^

20240211 3

期間限定のバレンタイン商品もありますが、やっぱりオリジナル・グレーズドが一番好き♡


20240211 1

リダの2024年のSeason Greetingsセットの遊び心が楽しい♪←と、私は勝手に思っています。
…ちなみに韓国公式で追加購入した分は日本には到着していますが、まだ手元に届いていません。




関連記事
2024-02-13(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

knob노부

Author:knob노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び記事の一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR