FC2ブログ

2024 KHJ CONCERT “INTO THE LIGHT”THE SYMPHONY 2日目レポ

murderQ 2 - コピー
credit:画像内記載


2日目は会場へ向う道にも慣れて気持ちに余裕がありました。
コンサートも同じように、ステージに立つ側も、客席も初日とは違って少し緊張感が和らいだ感じがします。

2日目はリダからの要請で条件付きで撮影が許可されました。
その点が1日目とは違うところです。

セットリストは1日目と変わりないので、トークを中心にレポートしたいと思います。




16:00

予定時間に客電が落ち、公演がスタートしました。


① 花路

リダの衣装は1日目と同じデザインの色違い、黒のジャケット。
織りのラメがキラキラ光ってとても綺麗です。
パンツは1日目と同じ黒です。
以前のシンフォニー公演と同じように黒のタイのシャツ。
始めは結んでいたけれど、いつのまにかほどけていました。
それもまたおしゃれ^^


② チャイム

弾むように身体を動かしながら、笑顔で歌うリダです。
元気に手を左右に振って、ペンライトの動きを促します。
一緒に参加して歌えるって楽しいです。


(日本語)日本の皆さん、こんばんは。キム・ヒョンジュンとGEMINIバンドです。
ほんとにお久しぶりですね(笑)
昨日、会ったんですけど。
21…か、21時間(うなづく)
あ~(笑)
(韓国語)えーっとですね、余計な事は言うのはやめにしまして、今日はこの会場に多くのファンの方が来てくださいましたね。
(ギターストラップを肩にかけながら)昨日は最初ということもありまして、オーケストラの皆さんの演奏にファンの方が圧倒されて萎縮しているようなそんな印象を受けました。
やはり2日目となりますと皆さんもしっかりして目を覚まして挑むぞ、という勢いを感じられます。
はい、私はまだまだ最高のステージを皆さんにお見せしていると思っています。

次の曲も皆さんも一緒に歌ってくれれば嬉しく思います。
皆さん、充分に歌えるんですけど唯一この曲だけ歌ってくれないんですよ。
「さらげの~るさらげ」(会場も同じように歌う)なぜか唯一歌ってくれないんですね。
もう1回やってみましょうか?
「さらげの~るさらげ」(会場も同じように歌うと大きくうなづく)
はい、いい感じです。
次の曲はポジャマジャエソ、(韓)聴いてください。


③ 포장마차에서 ~屋台で


④ PURE LOVE (Jap.ver)

スタンドマイクを前に身体を揺らしながら笑顔で歌うリダです。


⑤ U


2024031801290544a.jpeg


ー映像ー


誰そ彼~黄昏

(日)人生の2回目の『誰そ彼~黄昏』でした。(この時点で結んでいたタイはほどけています)
(韓)えーっとですね、このような素晴しいミュージシャンや演奏者たちと一緒に、このような伴奏の中で私が歌うことができるということが本当に特別な素晴しいことだと思っています。
光栄だと思っています。

まだちょっと悲しい歌が残っているんですが、次に歌う曲は私にとってまた特別な曲でもあります。
この曲を歌うことによって、たくさんの愛を受け取りそしてまたこの曲を歌うことによってGEMINIバンドが誕生した、始まったといっても過言ではありません。
その時はキム・ソヒョンさんしかいらっしゃらなかったんですけれど、この曲1曲だけを小説のように悲しく歌っていただくことはできますか?
すいません、この曲だけは皆さん、その場で立って聴いていただくことはできますか?
(日)一緒に歌ってください。大きな声でお願いします。


⑦ Your Story (Jap.ver)

リダとGEMINIバンド、客席のコーラスが会場に響きます。


20240316 knob 1

⑧ Song for a dreamer

ミラーボールの光がとても美しいステージです。


(日)『Song for a dreamer』でした。皆さん、本当にありがとうございます。
ちょっとだけ、座って下さい。
もうすぐ『B.I.N.G.O』だから(笑)立ってください。
(韓)ね、今日が2回目の公演ということで、シンフォニーの公演としては最後の公演になりました。
ですから私も一小節一小節全力で歌わせていただいております。

今回私はこの曲を歌いながら、いろいろなストーリーを考えながら歌っていました。
シンフォニーというのを感情を込めて歌う中で、またこの『Song for a dreamer』を歌いながら、いろいろな私たちの物語について、もちろん歌詞にもありました「never say goodbye」であったり「「手を離さない」というような歌詞もあります。
私たちという国は近くて遠い、遠いような近い、簡単に行けるようでも船や飛行機に乗って移動しなければいけない、そのような距離の中にありながら、行ったり来たりをして行きながら、心の中での信頼関係、そしてお互いを想う気持ちというものを深めて参りました。
それをこのような空間でお互いの信頼を深め合いながら、そしてお互いを信頼して行きながら、親近感をもって行きながら行くということはとても大切だと思っています。
ですから、このような暖かい空気の中で、お互い信頼関係を築き上げられるように私は今後も歌を作って歌っていきたいと思っています。
(日)ありがとうございます。では、
(韓)シンフォニーということもありまして、美しくて静かな曲が多かったんですけれども、これからはちょっと楽しくノリのいい曲をやってみたいと思います。
(日)皆さん、用意できましたか?できましたか?じゃなくて、できますか?(うんうんとうなづく)
じゃ、GEMINIたちも準備できましたか?B.I.N.G.O、ビンゴ~!

⑨ B.I.N.G.O


⑩ BEYOND CRAZY

20240316 knob 2

ジュニョンさんと目と目で合図して、背中合わせのパフォーマンス。


⑪ Super Fire


⑫ HEAT

オーケストラと歌うHEAT。
音に厚みがあるので、少し熱さが和らぐようです。
会場は最大級に盛り上がります。
リダは会場にマイクを向けて歌うように促します。

20240318012945121.jpeg

(日)はぁ、はぁ、暑いですね。(肩で息をしながら)
(韓)やはり公演というのは、コンサートというのは初日より2日目ですね。
ですから、今回のコンサートは2番目の公演とは言わずに、2回目のコンサートだとだということで、アンコールというのも追加してまた嘘ついてやらなければダメですね。(会場から歓声)

(日)はぁ、休んでください、座って下さい。
(パンツのポケットに手を入れて)
(韓)私の顔から汗が出てますか?ちょっと汗が出ているようですね。

今日の衣装、とても素敵だと思いませんか?
昨日、ファンの方がおっしゃってたんです。
シャネルの衣装がとても素敵でした。
それでシャネルかな、と思って見たんですが、シャネルではありませんでした。
しかしですね、スタッフの方、スタイリストさんが一生懸命、HENECIAのファンの方のために私たちのために作ってくれた衣装ですので、シャネル以上の価値があるのではないかと思っています。
えっと昨日日本語でお話をしましたが、次の曲については韓国語でお話したいと思います。

実はですね、皆さん、昨日私は歌手になって何年経ったんだろうかと考えたんですが、ちょうど今年19年目に当たります。
来年が20周年になります。
20周年のコンサートのステージには皆さんが来られるように、努力をしたいと思います。
皆さんは本当に変わらない愛、そして変わらない光、まるで夜空の月のような存在でもあります。
皆さんが疲れてとてもつらい時には、私は皆さんにとって暖かい光となり、陽射しとなって、そして養分を与えられるようなそんな太陽のような存在でいられるようにしたいと思います。
(日)次の曲は皆さんのために歌います。
『月と太陽と君の歌』です。

⑬ 月と太陽と君の歌 (Jap.ver)

knob 20240315 2

⑭ Prism Time


⑮ Hello My Daddy

20240316 2 3

⑯ MY SUN


⑰ 고맙다(ありがとう)


ー映像ー


⑱ 담벼락(Childlike/壁)


20240316 2 7

⑲ Good-Bye


(韓)はい、2024年キム・ヒョンジュンの“INTO THE LIGHT”コンサートはここまで準備をいたしました。
(日)さっきのMVはどうでしたか?はは、来週発売される、デジタルアルバムです。
デジタルだから皆さん頑張らなくてもいいです。はは。
今日どうでしたか?
僕も本気でコンサートをしました。
そして皆さんの気持ちを僕の胸に入れて韓国に帰ります。
今日頑張ってくれたメンバ達と、オーケストラのとマエストロ先生と紹介、挨拶します。

(韓)ここから韓国語でお話しします。
今日最高のステージを見せてくれた、べーシストのキム・ソヒョンさんです。
そしてGEMINIバンドの中での一番の年長者、ドラマーのク・ミョンイルさんです。
そしてGEMINIバンドのビタミンのような存在、キム・ビンナさんです。
GEMINIバンドカリスマ的存在である、ギターのキム・ウンチョンさんです、大きな拍手をお願いします。
また、今回のコンサートにおいてプロデューサーの役も務めてくださいました、ギタリスト、パク・ジュニョンさんです。大きな拍手をお願いいたします。
そして(日)オーケストラのマスター、ヨシダショウヘイ先生です。
オーケストラの皆さんに大きな拍手をお願いします。(オーケストラ一同起立)
最後です。マエストロ、チョ・サンウク先生です。大きな拍手をお願いします。
そして、僕はキム・ヒョンジュンでした。

20240316 2 8

(韓)それでは最後のご挨拶をしたいと思います。
まぁまたね、ありがとうございました。オーケストラなのにまたね、はちょっとあれですかね。
じゃ、これで行きます。
(日)皆さん、今日ホントにありがとうございました。
じゃ、せ、の、皆さん、ありがとうございました。また会いましょう。
大きな拍手をお願いします。
(メンバとマエストロ、それぞれにハグ)
また会いましょう。2階の皆さん、ありがとうございました。



一度はけた後、リダが再び舞台へ登場。

(韓)今日最後に皆さんにこのようにご挨拶しに参りました。
今日、お見送り会があると聞いています。
お見送り会というのをですね、皆さんのその気持ちそして想いを、感謝の気持ちを伝えるために握手会に急遽変えることにしました。
(日)後で会いましょう。皆さん、愛しています。


18:00

2024.03.16 府中の森芸術劇場 どりーむホール にて





関連記事
2024-03-18(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2024-03-19 09:36 |  |    [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2024-03-19 10:28 |  |    [ 編集 ]

Re: ありがとうございました。 

鍵コメさん、アンニョン。

コメントありがとうございます。
お役に立てて良かったです。

褒めていただきありがとうございます。
これからもそう言っていただけるよう精進します^^
2024-03-20 00:09 | knob노부 | URL   [ 編集 ]

Re: ありがとうございます(^o^) 

鍵コメさん、アンニョン。

お仕事お疲れさまです。
現実に戻ると、あの時の貴重な体験が愛おしく思えます。

シンフォニーで歌うと印象が変わりますね。
ジュニョンさんのアレンジが素晴しいからでしょう。
リダも歌っていて、あの音色に包まれたら気持ちが良いでしょうね。

機会があればぜひ押尾さんとのステージを見たいですね。

⑥ 誰そ彼~黄昏←タイトルをクリックしてみてくださいね
2024-03-20 00:13 | knob노부 | URL   [ 編集 ]

プロフィール

knob노부

Author:knob노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び記事の一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR